INASOFT 管理人のひとこと


フリーソフトダウンロードサイト「INASOFT」の管理人 矢吹拓也 が日々の「ひとこと」を語るページです。
2021年1月1日より、旧ブログ(blog.inasoft.org)からお引越ししました。
・INASOFT Webサイト: https://www.inasoft.org/
・管理人のふたこと(長文記事/寄稿文): https://www.inasoft.org/talk/

目次 | ←前へ / 2021-10-18 00:00 / 次へ→ / 最新へ⇒

■疑似ダッシュボードProに最新のネタをぶっこんだのは良いけど、テストをどうやってやろう……

2021年10月18日(月) 0:00:00



RSSRSS配信中

https://www.inasoft.org/








昨日付で、疑似ダッシュボードPro ver.2.10を公開しています。

このソフトはジョークソフトであり、ドキュメントにもジョークが入っております。ジョークの分かる方のみご利用をお願いします。

このソフトのジョークに関する詳細は、先月、ネタバレありで書いた記事がありますので、そちらを参照で。
(管理者権限で動かした場合にどんな違いがあるのかについての説明も追記してあります)

今回の更新内容は、「管理者へ昇格するための機能を「ファイル」メニューに追加。ただし当該メニューに付けられたアクセスキーの利用は諦めてください。」というものになります。

管理者へ昇格するための機能を「ファイル」メニューに追加

まぁ、少し前に話題になっていた、Windows 11の正式版の初期バージョンにおいて、[Windowsキー]+[X]メニューで表示される管理者用のPowerShellを起動するための項目に割り当てられたアクセスキーが漢字の「管」になっていたということをネタにしたものになっています。

さて、問題はここから。

このネタを、デバッグしなければなりません。基本的には、作った機能は公開前に、テストをパスしなければならないので。

キーボードに「管」というキーがあるわけでもなく、ゲームボーイカラーを持っているわけでもなく、どうしてもんか……。と考えていたところ、拙作のキーボードシミュレータの「文字入力モード」を使うのが良いのではないかと思いつきました。

というわけで、実際にテストして見た時の動画記録です。

キーボードシミュレータで「ボタンを押したら5秒後に『管』が入力される状態に仕掛けておき、まずは、メモ帳に「管」の文字が入力されることを確認。その後、疑似ダッシュボードProで「ファイル」メニューを表示し「管」の文字が入力されるとUACの昇格ダイアログが出てくる状態になる事を確認しています。

これで動作テストもOK。


【追記】押しボタンに反応する仕組みで作り直してみました(2021/11/2)



目次 | ←前へ / 2021-10-18 00:00 / 次へ→ / 最新へ⇒


目次の表示:


ブログではないので、コメント機能とトラックバック機能は提供していません。ご質問・ご意見等はメールフィードバックまたはTwitter等からお願いします。いただいたご質問・ご意見などは、この「管理人のひとこと」の記事に追加、あるいは新規の記事にする形で一部または全文をそのまま、あるいは加工させていただいた上で、ご紹介させていただく場合があります。
当サイトでは掲載内容による不具合等に関する責任を持ちません。また、内容の正確性についての保証もありませんので、情報をご利用の際は、利用者の自己責任で確認をお願いします。本ページは公開から1年半後の任意のタイミングで削除される予定です。




2680874 (+0301)[+1424]

Copyright© 2010-2021 INASOFT