INASOFT 管理人のひとこと


フリーソフトダウンロードサイト「INASOFT」の管理人 矢吹拓也 が日々の「ひとこと」を語るページです。
2021年1月1日より、旧ブログ(blog.inasoft.org)からお引越ししました。
・INASOFT Webサイト: https://www.inasoft.org/
・管理人のふたこと(長文記事/寄稿文): https://www.inasoft.org/talk/
5月16日以降は、更新が断続的になる見込みです。

目次 | ←前へ / 2021-05-09 00:00 / 次へ→ / 最新へ⇒

■前々から気になってた、Raspberry Pi ZeroってFRISKのケースに入るって本当かな。ずっと試したかった

2021/ 5/ 9 0:00:00



RSSRSS配信中

https://www.inasoft.org/








各所で、Raspberry Pi ZeroがFRISKのケースに入るっぽいという話は聞いておりました。例えばこんな感じで

せっかくRaspberry Pi Zero Wを手に入れたのだから、試してみたいじゃないですか。
以前、マーベル映画の「アントマン&ワスプ」で、タブレットケースを隠し武器として使うという描写があったのですが、こういう、いかにも無害そうなタブレットケースに極小コンピュータが隠れているとか、ちょっとSFっぽくてカッコイイですよね。

いちおう、正式に利用予定のプラスチック製のケースは注文済なのですが、本稿執筆時点では深圳(シンセン)で税関の受付を待っている最中らしく、その後に船便でゆっくり来ることを考慮すると、(Amazonの情報によると)到着日は5/17~31らしいので、まぁ、それが到着するまでの間の暇つぶしです。

FRISKを買ってきた

というわけで、「FRISK」を買ってきました。ちなみに普段は、なんとなく「ミンティア」の方を食べることが多いのですが、さすがにミンティアのケースにRaspberry Pi Zeroは入らないですからね。

上のリンク先の記事のように、きれいに差込口の部分に穴を開けるための道具を持っていればよいのですが、そんなものは持っていないのでニッパーで代替とします。いちおう、穴をあける部分(micro USB×2, microSDカード差し込み口)は、極細マッキーでマーキングをしてます。

ニッパーで簡易的に端子/microSD用の穴を開ける

FRISKのケース内は十分に洗い、乾かして、上からはめ込んでみます。

FRISKケースにラズパイZeroをハメこんでみる

おお!なんだかピッタリとハマった。

でも、ちょっとした落とし穴が。
今回、最速で到着してほしかったこともあって、Raspberry Pi Zero WにGPIOピンを装着済みのものを購入しました(Zero WHではなく、あくまでZero Wに後からピンを装着したもの)。まぁ、明日にも再度、電子工作に目覚めちゃうかもしれませんからね。

ただ、今回はそれが悪さをしていました。GPIOピンも収納するには、ケース自体にもっと高さを設けるか、ケースの上部に長方形の穴を開ける必要があります。

GPIOピンが悪さをしてる1

あと、上部に長方形の穴を開けてしまうのでは、「スタイリッシュにFRISKケースに偽装する」という夢が果たせなくなってしまう。マーベルヒーローっぽくないからイヤだ。

GPIOピンが悪さをしてる2

となると、GPIOピンを収納できるだけの高さを確保したいところです。それから、できれば、GPIOピンの上部がケースの天井に接してしまうのは、とても美しくない。1~2mm程度の余裕は欲しい。

良い方法を思いつくのが先か、深圳(シンセン)からの船便が到着するのが先か。あまり深刻にならない程度に考えようかと思います。

ちなみに、ニッパーによる切断面はあまりキレイではないため、本格的に常用したいのであれば、ヤスリなどを使って切断面をキレイにする必要があると思います。また、ニッパーでの切断の結果、ヒビが入って、ケース表面にも少し割れ目が入ってしまったので、すでに美しくない。やっぱり、やるならちゃんとした工具を使って穴を開けるのが正解ですね。

  →続き (2021/5/15)


後日、もう一つ遊びたいと思っていたRaspberry Pi Picoが届きました。

Raspberry Pi Pico

普通に薄いタイプの(固い)封筒に入った状態でポストインされており、なんだかビックリ。

大きさは、21mm×53mm×3mmくらいかな。これなら、普通にFRISKのケースの中に入ります。むしろ、中でカタカタ動かないように固定化する方法を考えなければいけないくらい。 Raspberry Pi Pico in FRISK

むしろ、この薄さならば、ミンティアのケースにも入るんじゃなかろうか?

Raspberry Pi Picoはミンティアのケースにも入る?

でもまぁ、まずは普通に、Raspberry Pi Picoを使いこなせるようになってから色々考えたいと思います。





目次 | ←前へ / 2021-05-09 00:00 / 次へ→ / 最新へ⇒


目次の表示:


ブログではないので、コメント機能とトラックバック機能は提供していません。ご質問・ご意見等はメールフィードバックまたはTwitter等からお願いします。いただいたご質問・ご意見などは、この「管理人のひとこと」の記事に追加、あるいは新規の記事にする形で一部または全文をそのまま、あるいは加工させていただいた上で、ご紹介させていただく場合があります。
当サイトでは掲載内容による不具合等に関する責任を持ちません。また、内容の正確性についての保証もありませんので、情報をご利用の際は、利用者の自己責任で確認をお願いします。本ページは公開から1年半後の任意のタイミングで削除される予定です。




2593121 (+0429)[+0550]

Copyright© 2010-2021 INASOFT