INASOFT 管理人のひとこと


フリーソフトダウンロードサイト「INASOFT」の管理人 矢吹拓也 が日々の「ひとこと」を語るページです。
2021年1月1日より、旧ブログ(blog.inasoft.org)からお引越ししました。
・INASOFT Webサイト: https://www.inasoft.org/
・管理人のふたこと(長文記事/寄稿文): https://www.inasoft.org/talk/

最近、気づくと毎日更新になっていることが多いのですが、2021年9月19日(日)から1~2週間程度更新がお休みになる予定です。また、その間に、旧ミニブログと「管理人のひとこと」の統合処理を行います。旧ミニブログからは、本サイト上の当該ページに転送されるようになります。 [2021/9/18 11:30]

目次 | ←前へ / 2021-09-15 00:00 / 次へ→ / 最新へ⇒

■今から考えてみると都市伝説だったか…?ファミコンを未使用時はカセットを抜いておくべきだったか

2021/ 9/15 0:00:00



RSSRSS配信中

https://www.inasoft.org/








少し前に、ファミコンの端子に息を吹き当ててはいけないという情報が「今更?」というタイミングで提供されたことがありました。

当時は、埃を吹き飛ばすためには重要な行為であり、ファミコン本体との接続がうまく行かなかったときは必ず行う行為でしたから、ビックリでした。

で、同じように当時「やってはいけない」こととして、当然のように考えられていたのは、「ファミコンを使っていない時は、カセットを抜いておくべき」というのがありました。そういえば、あれは、本当だったんでしょうかね?

ゲームボーイ以降、現在のSwitchに至るまでは、それは言われなくなっているし、USBメモリやSDカードも抜く必要はなさそう(BIOS起動順さえ大丈夫なら)

Switchでは、基本的にカートリッジは挿しっぱなし
▲Nintendo Switchでは、基本的にカートリッジは挿しっぱなしにしていますね…

当時考えられていた理由としては、

  • 持ち運びをしている時や収納している時、横からの圧力でカセット(あるいはカセットが刺さっている基盤の一部分)が折れてしまいそうだから?
  • ACアダプタを挿した瞬間に、大きな電圧がかかることがあり、内容が消えてしまうかもしれないから?(特にバッテリーバックアップ)

あたりでしたけど、実際のところはどうだったんでしょうかね。

ちなみに、PCに挿しこむフロッピーディスクは、電源投入時に強い電圧がかかって内容が消えるかもしれないというのは、本当にあった…らしいですが、どうでしょうかね。



目次 | ←前へ / 2021-09-15 00:00 / 次へ→ / 最新へ⇒


目次の表示:


ブログではないので、コメント機能とトラックバック機能は提供していません。ご質問・ご意見等はメールフィードバックまたはTwitter等からお願いします。いただいたご質問・ご意見などは、この「管理人のひとこと」の記事に追加、あるいは新規の記事にする形で一部または全文をそのまま、あるいは加工させていただいた上で、ご紹介させていただく場合があります。
当サイトでは掲載内容による不具合等に関する責任を持ちません。また、内容の正確性についての保証もありませんので、情報をご利用の際は、利用者の自己責任で確認をお願いします。本ページは公開から1年半後の任意のタイミングで削除される予定です。




2636836 (+0462)[+1390]

Copyright© 2010-2021 INASOFT