INASOFT 管理人のひとこと


フリーソフトダウンロードサイト「INASOFT」の管理人 矢吹拓也 が日々の「ひとこと」を語るページです。
2021年1月1日より、旧ブログ(blog.inasoft.org)からお引越ししました。
・INASOFT Webサイト: https://www.inasoft.org/
・管理人のふたこと(長文記事/寄稿文): https://www.inasoft.org/talk/
本業の方のお仕事が再び忙しくなりつつあるので、断続的にしばらく更新が止まることがあります。

目次 | ←前へ / 2014-10-04 00:00 / 次へ→ / 最新へ⇒

■電子書籍アレコレ

2014/10/ 4 0:00:00


RSSRSS配信中

https://www.inasoft.org/








先日、iOS8の話から、電子書籍の話まで飛躍しちゃったわけですけど、その話の続きとか。

電子書籍って、紙を使わず、流通コストが不要なので、一件安く見られがちなんですが、もしかしたら技術的な料金ってすごくかかっていたりするのかもしれないですね。

何重もの孫請け構造を持つIT業界に発注している料金とか。

サーバ維持費用にとてつもない高信頼性をかけているとか。

何十年も積み上げられてきた紙媒体によるコスト削減のノウハウに相当する知識も持っていないだろうし。

もしかしたら、紙業界による熱心なロビー活動とかもあるのかな。

あるいは。仮にコストが安くなったとしても、その分を簡単に値下げしてしまっては、本来取れるはずの利益を取りっぱぐれることになりますからね。そこらへんを計算高く取ろうとしているというのもあるかもしれません。

それとも。値段を安く設定してしまうと、電子書籍に一気に人が流れ込んできてしまうかも知れず、そうするとサーバの増強等で炎上しかねないから、あえて値段を紙媒体と同等にすることによりバランスを保っているとか。まあ、最近はクラウド化でサーバ増強を動的に行えたりもするし、それはないか。




目次 | ←前へ / 2014-10-04 00:00 / 次へ→ / 最新へ⇒


目次の表示:


ブログではないので、コメント機能とトラックバック機能は提供していません。ご質問・ご意見等はメールフィードバックまたはTwitter等からお願いします。いただいたご質問・ご意見などは、この「管理人のひとこと」の記事に追加、あるいは新規の記事にする形で一部または全文をそのまま、あるいは加工させていただいた上で、ご紹介させていただく場合があります。
当サイトでは掲載内容による不具合等に関する責任を持ちません。また、内容の正確性についての保証もありませんので、情報をご利用の際は、利用者の自己責任で確認をお願いします。本ページは公開から1年半後の任意のタイミングで削除される予定です。




2555523 (+0128)[+0539]

Copyright© 2010-2021 INASOFT