INASOFT 管理人のひとこと


フリーソフトダウンロードサイト「INASOFT」の管理人 矢吹拓也 が日々の「ひとこと」を語るページです。
2021年1月1日より、旧ブログ(blog.inasoft.org)からお引越ししました。
・INASOFT Webサイト: https://www.inasoft.org/
・管理人のふたこと(長文記事/寄稿文): https://www.inasoft.org/talk/
本業の方のお仕事が再び忙しくなりつつあるので、断続的にしばらく更新が止まることがあります。

目次 | ←前へ / 2013-11-11 00:00 / 次へ→ / 最新へ⇒

■コマンドプロンプトのエスケープ記号

2013/11/11 0:00:00


RSSRSS配信中

https://www.inasoft.org/








Windowsで、バッチファイルに引数を付けずに実行したら、引数に関する説明を表示しようと思いまして。

echo usage: AAA [-a | -b] <filename>

みたいなことを書こうかと思ったんですけどね。
これ、縦棒( | ) のところとか、大なり小なりの記号( < や > ) が、それぞれパイプとリダイレクト記号として扱われてしまって、うまくecho表示できないんですね。

ダブルコーテーションで囲ってもダメ。
どうしようかと途方に暮れていて、とりあえず全角の 「|」 とか「 < > 」を使うことにより緊急回避をしたのですが、どうやら正確には、ハット記号( ^ ) を使って書くのが正解だったらしいですね。

echo usage: AAA [-a ^| -b] ^<filename^>

ちなみに、 ^ 自身を表示したい場合は ^^ と書きます。顔文字みたいですね。
あと、 % の場合は、もうちょっと特殊で、%% と記載することになります。こちらは、DOS時代から知っていました。

^| ^< ^> については、DOS時代から存在しているルールなのかな。
ちょっと調べてみようかな。





目次 | ←前へ / 2013-11-11 00:00 / 次へ→ / 最新へ⇒


目次の表示:


ブログではないので、コメント機能とトラックバック機能は提供していません。ご質問・ご意見等はメールフィードバックまたはTwitter等からお願いします。いただいたご質問・ご意見などは、この「管理人のひとこと」の記事に追加、あるいは新規の記事にする形で一部または全文をそのまま、あるいは加工させていただいた上で、ご紹介させていただく場合があります。
当サイトでは掲載内容による不具合等に関する責任を持ちません。また、内容の正確性についての保証もありませんので、情報をご利用の際は、利用者の自己責任で確認をお願いします。本ページは公開から1年半後の任意のタイミングで削除される予定です。




2554447 (+0147)[+0573]

Copyright© 2010-2021 INASOFT