INASOFT 管理人のひとこと


フリーソフトダウンロードサイト「INASOFT」の管理人 矢吹拓也 が日々の「ひとこと」を語るページです。
2021年1月1日より、旧ブログ(blog.inasoft.org)からお引越ししました。
・INASOFT Webサイト: https://www.inasoft.org/
・管理人のふたこと(長文記事/寄稿文): https://www.inasoft.org/talk/
本業の方のお仕事が再び忙しくなりつつあるので、断続的にしばらく更新が止まることがあります。

目次 | ←前へ / 2011-07-18 00:12 / 次へ→ / 最新へ⇒

■時オカ3Dおわったー

2011/ 7/18 0:12:25


RSSRSS配信中

https://www.inasoft.org/








一昨日、「ゼルダの伝説 時のオカリナ3D」をクリアしました。

もちろん、難易度の高い「裏」をプレイする予定はないので、これで終了となるわけですが、非常に満足の行く作品だったな、と。

思えば64版を購入した頃、まだまだ3Dゲームになれなくて、何度も何度も足場を踏み外して落下して腹を立て「こんなのクソゲーだ」と烙印を押して封印してしまったわけで。

そこからのリベンジでようやくクリアしたので、ざっと13年の時を経てクリアした、ということになるでしょうか。

聞けば、ゼルダシリーズのファンの間では、かなり高い評価だったようで、当時プレイしていなかったことは悔やまれます、が今こうしてクリアしたので、ようやく話題に付いていけるようになったかな、と。


オリジナル版が登場してすぐの頃は、まだまだ3Dゲームの「あるべき形」がまとまっていなかった時期だと思います。

その頃から、これだけクオリティの高いゲーム性とストーリー性が仕込まれていたかと思うと、なかなかの感動ですね。


それにしても、立ち位置や角度が合わないと、仕掛けが見当たらないこともあったりとかして、そこらへんは、少し攻略サイトに頼っちゃったんですけどね。

ただ、攻略サイトそのものは、ゲームのプレイをHomeボタンでいったん中断して、Nintendo3DS自身のインターネットブラウザー機能を用いて閲覧をしていました。

ゲーム機でゲームをしつつ、同じゲーム機でネットを見て攻略法を調べる、というのは、時代の進化を肌で感じられますね。

(同じようなことは、「夢をみる島DX」をバーチャルコンソールでプレイしたときにも思ったんですけどね)

ムジュラの仮面の方も、3DS版で出てくれないかなぁ。





目次 | ←前へ / 2011-07-18 00:12 / 次へ→ / 最新へ⇒


目次の表示:


ブログではないので、コメント機能とトラックバック機能は提供していません。ご質問・ご意見等はメールフィードバックまたはTwitter等からお願いします。いただいたご質問・ご意見などは、この「管理人のひとこと」の記事に追加、あるいは新規の記事にする形で一部または全文をそのまま、あるいは加工させていただいた上で、ご紹介させていただく場合があります。
当サイトでは掲載内容による不具合等に関する責任を持ちません。また、内容の正確性についての保証もありませんので、情報をご利用の際は、利用者の自己責任で確認をお願いします。本ページは公開から1年半後の任意のタイミングで削除される予定です。




2555361 (+0505)[+0556]

Copyright© 2010-2021 INASOFT