INASOFT 管理人のひとこと


フリーソフトダウンロードサイト「INASOFT」の管理人 矢吹拓也 が日々の「ひとこと」を語るページです。
2021年1月1日より、旧ブログ(blog.inasoft.org)からお引越ししました。
・INASOFT Webサイト: https://www.inasoft.org/
・管理人のふたこと(長文記事/寄稿文): https://www.inasoft.org/talk/
本業の方のお仕事が再び忙しくなりつつあるので、断続的にしばらく更新が止まることがあります。

目次 | ←前へ / 2011-03-31 04:41 / 次へ→ / 最新へ⇒

■節電

2011/ 3/31 4:41:46


RSSRSS配信中

https://www.inasoft.org/








効率よく節電してもらうにはどうしたらよいか…とかいうことを考えてみました。

利用者に強制的に節電させるには、やはり料金大幅増(5月分値上げ幅なんかよりもっと)が一番手っ取り早いかな、と。ただ、現在の東京電力がそれを発表できる状況ではないでしょうから、国や都が命令とか法律とか条令でやらせる形にする、とか。

しかし、電気を多く使うことで低料金になる「オール電化」なる仕組みを採用してしまっている家庭がネックですね。

っていうか、むしろ、このオール電化のせいで、原発2基分の電気が必要な状況になっているんだとか。

原発2基分の電力量を抑えるためには、オール電化住宅を普通の住宅に作り替える必要もあるかもしれません。

作り替え費用は東電が負担するんだか? 国が負担するんだか?




Posted by aporia at 2011/04/02 03:47:50
作り替えは賛成です。
やはり昔からある、水道、ガス、電気の三本柱ですね。
後は、窓際の明かりは消灯を始めとして、3分の1~4分の1でも十分ですね。まだまだ明るすぎな気がします。ただ、防犯の意味での明かりは制限してはダメですね。
料金改定は賛成できないですね。嘘つく夫くんに多くのカネを払う気がしてしまうので。
要は出力?を下げればいいと思うので、別にアイロンかけなくても良いとか、細かな意識改革かなぁと思います。
余談ですが、選挙立候補で支払うお金を減額する代わりに、交通機関+運動は手作りのメガホンのみという制限で運動してくれたらいいなぁと思います。長々失礼しました。


目次 | ←前へ / 2011-03-31 04:41 / 次へ→ / 最新へ⇒


目次の表示:


ブログではないので、コメント機能とトラックバック機能は提供していません。ご質問・ご意見等はメールフィードバックまたはTwitter等からお願いします。いただいたご質問・ご意見などは、この「管理人のひとこと」の記事に追加、あるいは新規の記事にする形で一部または全文をそのまま、あるいは加工させていただいた上で、ご紹介させていただく場合があります。
当サイトでは掲載内容による不具合等に関する責任を持ちません。また、内容の正確性についての保証もありませんので、情報をご利用の際は、利用者の自己責任で確認をお願いします。本ページは公開から1年半後の任意のタイミングで削除される予定です。




2557537 (+0348)[+0622]

Copyright© 2010-2021 INASOFT