INASOFT 管理人のひとこと


フリーソフトダウンロードサイト「INASOFT」の管理人 矢吹拓也 が日々の「ひとこと」を語るページです。
2021年1月1日より、旧ブログ(blog.inasoft.org)からお引越ししました。
・INASOFT Webサイト: https://www.inasoft.org/
・管理人のふたこと(長文記事/寄稿文): https://www.inasoft.org/talk/
2022年7月下旬より再び本業多忙化してきているため、更新頻度は落ちます。 [2022/7/24 19:32]

目次 | ←前へ / 2024-05-07 00:00 / 次へ→ / 最新へ⇒

■赤ずきんチャチャ アニメ放送開始30th記念のBlu-ray BOXを買って、本棚に入れる

2024年 5月 7日(火) 0:00:00



RSSRSS配信中
https://www.inasoft.org/



TV放送から30周年を記念して、「赤ずきんチャチャ Blu-ray BOX」が発売されたということで、とりあえず、このニュースに気付いたタイミングで買うことにしました。

この作品がアニメ放送されていたのは、僕が中学生~高校1年生の多感な時期で、少女漫画らしからぬギャグ展開の多さにドハマリしていました。また、ちょうどこのころ、高校の部活動ではこの作品をはじめとして、エヴァンゲリオンの話とか、アニメの話を積極的にできる多幸すぎる環境が整っていたこともありました。

赤ずきんチャチャ Blu-ray BOX

アニメにドハマリしている最中に、マンガの方にも手を出してみようということで手を出してみたら、アニメの方とはだいぶ違う感じになっていて(キャラクターの基本設定は同じだが、原作は純粋なギャグ漫画なのに対し、アニメ版ではマジカルプリンセスに変身して敵を倒す)ビックリしました。まぁ、結果的に、どちらにもドハマリしました。

少し前に、インテリアとしての本/インテリアとしてのマンガ本/インテリアとしての本棚というものを意識し始めているわけですが、このBlu-ray BOXも、この棚にしっかり収まりました。

赤ずきんチャチャ Blu-ray BOX in インテリア本棚

さて、今回のBlu-ray BOXのなにが画期的かというと、「オープニング主題歌を放送ver.で初収録!!」という点です。



つまり、SMAP版の「君色思い」が入っているということになります。

過去に発売されたソフト版(LD, DVD)では、大人の事情からSMAPが歌う「君色思い」は入れることができず、沢田聖子さんが歌うカバー版が入っていました。

※SMAPの歌を収録する場合、SMAPが専属契約をしているビクターから出さなければならないが、赤ずきんチャチャのソフト版はキングレコードが出しており、権利関係の問題が生じるため

ですが、2016年にSMAPは解散し、その後、ジャニーズもあんな感じになり、30年という月日も経って、大人の事情も解決したのでしょう。もしかしたら、解決のために奔走してくれた方がいたのかもしれません。少し前から、配信サイトで公開されるものは、SMAP版になっておりました。

で、今回、手元においておけるソフト版としては初めて、SMAP版が収録されました。配信はいつ停止するか分かりませんが、Blu-rayなら手元に置いておけますからね。半永久保存版となるわけですね。これは重要です。

配信が止まる可能性があるか?については、まぁ、演者が事件を起こすということもあり得ますし、20世紀の作品だから当時の倫理観が通用しなくなって止まることはあり得ます。
作品を見返してみると、オカマのドリスとか、ハゲの魔法使いとか、令和の世の中ではなかなか危ない回がありますからね。だから、手元に置いておくのは重要。

そういえば、このBlu-ray BOXのイラストは、原作者の彩花みん先生の描き下ろしとなっているそうです。

昨今では、マンガの実写ドラマ化における原作改変が原作者の意向に沿わずに大きな事件に発展したケースがありましたけど、本作における原作改変は、前述のとおり凄まじいものがあります。当時のセーラームーン人気の影響や、変身グッズをおもちゃにして販売する必要があるなどの事情から、キャラクター設定を除いて、ほぼほぼオリジナル・別作品といっても過言ではない。どっちも大ヒットしたのは幸いです。原作者も改変に了承しており、原作者からも改変が非常に好意的だったという話が出ていたり、アニメ版オリジナルのキャラが一部、原作に逆輸入されているというのも幸いなことでした。マンガ版とアニメ版は相互にリスペクトしているわけですね。

こういうこともあって、原作改変は絶対NGという立場ではないのですが、今後の様々な作品においても、原作者の了承・原作者の想いが十分に反映される原作改変というものであってほしいなと思います。



目次 | ←前へ / 2024-05-07 00:00 / 次へ→ / 最新へ⇒


目次の表示:


ブログではないので、コメント機能とトラックバック機能は提供していません。ご質問・ご意見等はメールフィードバックまたはTwitter等からお願いします。いただいたご質問・ご意見などは、この「管理人のひとこと」の記事に追加、あるいは新規の記事にする形で一部または全文をそのまま、あるいは加工させていただいた上で、ご紹介させていただく場合があります。
当サイトでは掲載内容による不具合等に関する責任を持ちません。また、内容の正確性についての保証もありませんので、情報をご利用の際は、利用者の自己責任で確認をお願いします。本ページは公開から1年半後の任意のタイミングで削除される予定です。


- 最近の更新 -



3144887 (+0152)[+0420]

Copyright© 2010-2024 INASOFT