INASOFT 管理人のひとこと


フリーソフトダウンロードサイト「INASOFT」の管理人 矢吹拓也 が日々の「ひとこと」を語るページです。
2021年1月1日より、旧ブログ(blog.inasoft.org)からお引越ししました。
・INASOFT Webサイト: https://www.inasoft.org/
・管理人のふたこと(長文記事/寄稿文): https://www.inasoft.org/talk/
2022年7月下旬より再び本業多忙化してきているため、更新頻度は落ちます。 [2022/7/24 19:32]

目次 | ←前へ / 2023-01-15 00:00 / 次へ→ / 最新へ⇒

■いよいよ花粉症の薬をもらいに行く季節になった。せっかくなのでマイナンバーカードで受付してみる

2023年 1月15日(日) 0:00:00



RSSRSS配信中
https://www.inasoft.org/



今年は1月4日には既に感じられていた花粉症の気配ですが、先週金曜日の夕方に、なんとか時間を確保して、近所にクリニックへ行き、花粉症薬をもらってくることにしました。

で、前に、そのクリニックへ行った時、「もしマイナンバーカードをお持ちであれば、(受付の方の)練習のためということも含め、持ってきていただけますか?」というようなことを家族が言われていたことを思い出し、「保険証の代わりのマイナンバーカード」を持っていうことにしました。

まぁ、国のデジタル化政策を、あまり悪く言いたくはないんですけどね。

  • 保険証の場合
    1. 診察券・お薬手帳と共に窓口で提示するだけ。
  • マイナンバーカードの場合
    1. (患者側の)初めての利用ということで、奥から受付の方に出てきていただいて、端末(窓口に置いてある機械)操作を一緒に行う。
    2. 端末の中にマイナンバーカードを置き、しばらく待つ→認識しない
    3. もしかすると、専用ケース(マイナンバーを隠すためのやつ)が邪魔しているのかな?ということで、いったん取り出して、専用ケースを外す。
    4. もう一度、端末の中にマイナンバーカードを置き、しばらく待つ→認識しない
    5. ああ、さらに奥に挿しこむということか…。血圧計みたいだな。奥に挿しこむ→認識される
    6. パスワードの入力を求められるので、4桁のパスワードを入力。(パスワードの代わりに顔認証でもよいのだが、受付室の光量不足のせいで、なかなかうまくいかないらしい)
    7. しばらく待っている間に、「あ、いちおう、念のために、もし保険証をお持ちのようなら、保険証も出してください」と言われて、窓口に診察券・お薬手帳と共に保険証を提示。
    8. 端末の画面上に、患者名が大きく表示され、「受け付けました」と表示される。待合室の他の患者に名前を見られているかと思うと、ちょっと恥ずかしい…。

というわけで、なかなか手間のかかる手順になりました。患者(僕)自身も、クリニックの受付の方も、共に初心者故に、手間がかかった部分はあるかと思いますが、これを老若男女問わず実施するというのは、かなり大変な事ですね。今まで、窓口で提示するだけだった保険証の仕組みが、こんなに複雑になっちゃって。大丈夫だろうか。

僕自身は、新しい経験ができたなぁと面白がっていましたが、もし後ろに受け付け待ちの人がいたらイライラしたかもしれませんし、手間のかかる手順というだけでイライラする人もいるかもしれませんし。



目次 | ←前へ / 2023-01-15 00:00 / 次へ→ / 最新へ⇒


目次の表示:


ブログではないので、コメント機能とトラックバック機能は提供していません。ご質問・ご意見等はメールフィードバックまたはTwitter等からお願いします。いただいたご質問・ご意見などは、この「管理人のひとこと」の記事に追加、あるいは新規の記事にする形で一部または全文をそのまま、あるいは加工させていただいた上で、ご紹介させていただく場合があります。
当サイトでは掲載内容による不具合等に関する責任を持ちません。また、内容の正確性についての保証もありませんので、情報をご利用の際は、利用者の自己責任で確認をお願いします。本ページは公開から1年半後の任意のタイミングで削除される予定です。


- 最近の更新 -



2935588 (+0025)[+0320]

Copyright© 2010-2023 INASOFT