INASOFT 管理人のひとこと


フリーソフトダウンロードサイト「INASOFT」の管理人 矢吹拓也 が日々の「ひとこと」を語るページです。
2021年1月1日より、旧ブログ(blog.inasoft.org)からお引越ししました。
・INASOFT Webサイト: https://www.inasoft.org/
・管理人のふたこと(長文記事/寄稿文): https://www.inasoft.org/talk/
2022年7月下旬より再び本業多忙化してきているため、更新頻度は落ちます。 [2022/7/24 19:32]

目次 | ←前へ / 2022-08-16 00:00 / 次へ→ / 最新へ⇒

■動画公開のお知らせ:現在でもINASOFTで公開しているPC98、MS-DOS用ツール・ゲーム類4選

2022年 8月16日(火) 0:00:00



RSSRSS配信中
https://www.inasoft.org/



先月まで行っていた疑似シリーズの紹介のための動画企画がひと段落しまして、今度はこのお盆期間中の時間を利用して、INASOFTでいまだ公開しているPC98, MS-DOS用, Windows 3.1用等の古めのソフトウェアの紹介を動画で行う(動画形式で保存する)試みを行うことにしました。

全2回を予定しており、第1回である今回は、PC98用, MS-DOS用として公開している4つのソフトについて取り上げています。

紹介するのは、MS-DOS用ファイラーのTFMSG6x, SG7, SG8のPC98用シューティングゲーム3作となっています。ここでは、テキスト形式での紹介を行います。

  • TFM version 5

    高校1年生の時、Windows 3.1に初めて触れました。そこで「ファイルマネージャ」を見た時に、MS-DOSにもこういうソフトがあればいいのになぁと思って作り始めたのがTFM……Tiny File Managerです。

    ファイルの削除・リネーム・コピーなどの基本的な機能の他、オリジナルのビュアーによるテキストファイル表示、印刷機能、外部ツールを活用した圧縮ファイルの一覧表示機能などを備えています。高校生活を送っていく中で、いわゆるファイラーという、MS-DOS上のフリーのファイル操作ソフトを知ってからは、そういったソフトの機能も取り込んでいくようになり、最終的には、とてもTinyとは呼べないようなプログラムになってしまいました。

    この中に含まれているPCの情報収集機能が、後に「いじくるつくーる」などに搭載された、PCの情報収集機能の元になりました。



  • SG6x - NEOBRASTER

    3分間タイムトライアルシューティングゲーム。1ステージあたり最大20匹程度の敵が登場し、すべての敵を倒すと次のステージに進めます。制限時間3分間で、全30ステージをクリアすることを目的とします。

    後にWindows版が作成されたり、2007年の葦葉製作所の同人ゲーム「巫女ブラスター」の原案となったゲームでもあります。

    3分間の時間制限付きのシューティングゲームという発想は、この当時から新しいものではなく、Bio_100%のNyaHaX'93などがありました。このゲームは、そういったゲームの横向き版といったところかもしれません。



  • SG7 - MAXBRASTER

    かなり本格的な横スクロールシューティングゲームを目指して作成したものです。

    特定の敵を倒すとアイテムが登場し、アイテムを撃つと変化していきます。目的のアイテムを取ることで、ゲームを有利に進めることができるようになります。ツインビーのベルみたいな感じですかね。

    各ステージの最後にはボスが登場します。



  • SG8 - RAPIA

    フォーメーションZみたいな感じの、ロボット形態と戦闘機形態を相互に使い分けながら、前3ステージを3分間でクリアすることを目指す横スクロールシューティングゲーム。

    飛行形態は素早く飛べるが、敵を攻撃しづらい。ロボット形態は効率的な攻撃ができるが、飛行速度が遅い。3分間で効率よく進むには、飛行形態とロボット形態を戦略的に使い分けなければなりません。そういう意味で、ただ敵を倒せばいいというだけでもない、戦略的な思考を必要とするゲームです。

    ここまで見てきたことから分かる通り、これらのシューティングゲームには「SG○」というタイトルが付けられています。

    作者が中学生の頃に作成したものがSG1~3、高校生の時に文化祭向けに作成したのがSG4~8でした。

    この中で、比較的安定して動作し、権利関係が明瞭になっているSG6~8を、一般向けに公開しています。

    例えば、SG4 - EXBRASTER は、文化祭向けにお遊びで作ったという事情もあり、ステージ曲が校歌になっているなどいろいろ事情があって、公開を差し控えています(BRASTERの綴りが怪しいのも、ここから始まっています)。

    余談ですが、2003年に葦葉製作所で作成した「御神楽」のバージョン情報の「PrivateBuild」を調べると「SG9」と書いてあったりします。「メイドリアン」は「SG10」、「弾幕インベーダー」(おまけディスク収録)は「SG11」、「BOSSBOSS」は「SG12」、「BOSSBOSS2」は「SG13」です。

    巫女ブラスターは、巫女ブラスター2は、共に「NEOBRASTER」の系統に属するので、SG6系のプライベート名が付いています。

    御神楽・弐は、RAPIAのWindows移植という位置づけもあったため、SG8系のプライベート名が付いています。



目次 | ←前へ / 2022-08-16 00:00 / 次へ→ / 最新へ⇒


目次の表示:


ブログではないので、コメント機能とトラックバック機能は提供していません。ご質問・ご意見等はメールフィードバックまたはTwitter等からお願いします。いただいたご質問・ご意見などは、この「管理人のひとこと」の記事に追加、あるいは新規の記事にする形で一部または全文をそのまま、あるいは加工させていただいた上で、ご紹介させていただく場合があります。
当サイトでは掲載内容による不具合等に関する責任を持ちません。また、内容の正確性についての保証もありませんので、情報をご利用の際は、利用者の自己責任で確認をお願いします。本ページは公開から1年半後の任意のタイミングで削除される予定です。


- 最近の更新 -



2853936 (+0017)[+0591]

Copyright© 2010-2022 INASOFT