INASOFT 管理人のひとこと


フリーソフトダウンロードサイト「INASOFT」の管理人 矢吹拓也 が日々の「ひとこと」を語るページです。
2021年1月1日より、旧ブログ(blog.inasoft.org)からお引越ししました。
・INASOFT Webサイト: https://www.inasoft.org/
・管理人のふたこと(長文記事/寄稿文): https://www.inasoft.org/talk/
2022年7月下旬より再び本業多忙化してきているため、更新頻度は落ちます。 [2022/7/24 19:32]

目次 | ←前へ / 2022-07-20 00:00 / 次へ→ / 最新へ⇒

■もしかすると実用的かもしれない - 疑似シリーズ紹介 第14回(テキストによる紹介)

2022年 7月20日(水) 0:00:00



RSSRSS配信中
https://www.inasoft.org/



2022年6月26日から公開している疑似シリーズ&INASOFT 25周年企画に関する補足紹介第14回です。

疑似シリーズは、INASOFTで製作しているジョークソフトで、元々は、製作者たちが1997年に、高校在籍中に文化祭の出し物の中に「屋根裏」として忍ばせた作品群であり、そこから派生していったものになります。

この高校文化祭のノリは翌1998年、浪人生(予備校生)として過ごした期間も続き、1999年に大学に入学しても続き、社会人になっても続きました。

この度、その「高校文化祭のノリ」が25年経過し、アニバーサリーイヤーを迎えました。「INASOFT」の名前は、最初に疑似シリーズ内でクレジットされたものとなりますので、INASOFT自体も生誕25周年となります。

一方で、25年の間にPC環境もどんどんと変わっていきました。NEC PC98シリーズ(NXを除く)でないと動作しないもの、MS-DOS(16bit環境)でないと動作しないもの、Windows 95/98でないと動作しないもの、Windows XP以下でないと動作しないもの、等々... そういったものについて、現在の環境での動作が難しくなってきたことから、今のうちに、紹介を兼ねて、過去の疑似シリーズの動きを動画として残しておくことにしました。

…という名目で紹介動画の作成を始めたものの、もうここらへんは普通に、Windows 11でも動くものばかりですね。というか、Windows 11環境で改修を入れていたりしますし、本日紹介する疑似ダッシュボードProに至っては、64bit版が登場していたりしますね。

第14回目(昨日)は、こちらにアップロードしてあるものとなります。

今回も簡単に、文字と画像でもご紹介します。

  • 疑似ダッシュボード
    疑似ダッシュボードのスクリーンショット

    ダッシュボードとは、自動車等の計器類のこと。IT分野では、様々な情報を収集し、見やすく並べてユーザーに提示するソフトウェアやサービスのことを指す。

    ここのところ、経営ダッシュボードとか、障害管理システムのダッシュボードとか、ダッシュボードという言葉が色々と活躍しているようなので制作した作品。

    PC上でダッシュボードとして情報を収集するとなると、CPUやメモリ量などの情報を表示するわけだが、このソフトは本当にそれらを表示してくれる。ただ、ダイアログがやたらと左の方に小さく表示するのが気になる。さらに気になるのが「B」というボタン。しかも「押すな」という説明付き。

    押すなといわれてしまうと、押したくなるのが人情というもの。押すと、ピューッ♪という音と共に、ダッシュして画面外へ消えてしまう。

    昔、ファミコン時代のスーパーマリオブラザーズでは、Bボタンを押したまま左右に動くと、マリオがダッシュしたので「B-ダッシュ」と呼ばれていたわけだが、つまり、そういうことだ。

  • 疑似ダッシュボードPro
    疑似ダッシュボードProのスクリーンショット

    近年はSDGsがブームということで、その中でよく注目される「リサイクル」をピックアップし、ネタをリサイクルしてみて作った作品。「疑似ダッシュボードPro」。

    実行してみると、マスコットキャラと共に、PC内の情報(CPU, メモリ, ストレージ容量)が表示される。もちろん、押すな!と言われている「B」ボタンを押せば、ピューッ♪という音と共に、ダッシュして画面外へ消えてしまう。

    ただのリサイクルではなく、この後は、[Z]ボタンと[X]ボタンを交互に押して、自分でダッシュしろと言われる。疑似ベンチマークのよう緒に、人間の奪取能力を測定してくれるらしい。

    さて、マスコットキャラの表示についてだが、コンピュータ内の情報を表示したり、ベンチマークをしたりするなら、CrystalDiskInfoCrystalDiskMarkの存在は避けて通れない!ということで、hiyohiyo氏に承諾を得て、コンセプトを真似ました。

    イラストは、神緒のべるず コミカライズ版の早希さんに描いていただきました。

    マスコットキャラクターは、葦葉製作所の巫女ブラスターの主人公・三女「」です。

    仕込まれている各種小ネタについては、動画の方で載せていますが、ここでは動画で載せていない小ネタを一つ。

    疑似ダッシュボードProのスクリーンショット2

    ストレージ情報の詳細を得るための設定として管理者権限で起動するためのモードを持っていますが、この際の選択肢のアクセラレータ文字が「」になっています。これは、Windows 11の初期の頃のバグをネタにしたものです。

    疑似ダッシュボードProのスクリーンショット4


今回の動画公開を記念しまして、神緒のべるず番外編その5 -疑似ダッシュボードPro-を一般公開いたしました。



目次 | ←前へ / 2022-07-20 00:00 / 次へ→ / 最新へ⇒


目次の表示:


ブログではないので、コメント機能とトラックバック機能は提供していません。ご質問・ご意見等はメールフィードバックまたはTwitter等からお願いします。いただいたご質問・ご意見などは、この「管理人のひとこと」の記事に追加、あるいは新規の記事にする形で一部または全文をそのまま、あるいは加工させていただいた上で、ご紹介させていただく場合があります。
当サイトでは掲載内容による不具合等に関する責任を持ちません。また、内容の正確性についての保証もありませんので、情報をご利用の際は、利用者の自己責任で確認をお願いします。本ページは公開から1年半後の任意のタイミングで削除される予定です。


- 最近の更新 -



2827203 (+0156)[+0532]

Copyright© 2010-2022 INASOFT