INASOFT 管理人のひとこと


フリーソフトダウンロードサイト「INASOFT」の管理人 矢吹拓也 が日々の「ひとこと」を語るページです。
2021年1月1日より、旧ブログ(blog.inasoft.org)からお引越ししました。
・INASOFT Webサイト: https://www.inasoft.org/
・管理人のふたこと(長文記事/寄稿文): https://www.inasoft.org/talk/
2022年7月下旬より再び本業多忙化してきているため、更新頻度は落ちます。 [2022/7/24 19:32]

目次 | ←前へ / 2022-07-04 00:00 / 次へ→ / 最新へ⇒

■疑似シリーズ&INASOFT25周年記念企画第8回『疑似ベンチ1~3(DOS版を含む)』(テキストによる紹介)

2022年 7月 4日(月) 0:00:00



RSSRSS配信中
https://www.inasoft.org/



2022年6月26日から公開している疑似シリーズ&INASOFT 25周年企画に関する補足紹介第8回です。

疑似シリーズは、INASOFTで製作しているジョークソフトで、元々は、製作者たちが1997年に、高校在籍中に文化祭の出し物の中に「屋根裏」として忍ばせた作品群であり、そこから派生していったものになります。

この高校文化祭のノリは翌1998年、浪人生(予備校生)として過ごした期間も続き、1999年に大学に入学しても続き、社会人になっても続きました。

この度、その「高校文化祭のノリ」が25年経過し、アニバーサリーイヤーを迎えました。「INASOFT」の名前は、最初に疑似シリーズ内でクレジットされたものとなりますので、INASOFT自体も生誕25周年となります。

一方で、25年の間にPC環境もどんどんと変わっていきました。NEC PC98シリーズ(NXを除く)でないと動作しないもの、MS-DOS(16bit環境)でないと動作しないもの、Windows 95/98でないと動作しないもの、Windows XP以下でないと動作しないもの、等々... そういったものについて、現在の環境での動作が難しくなってきたことから、今のうちに、紹介を兼ねて、過去の疑似シリーズの動きを動画として残しておくことにしました。

第8回目(昨日)は、こちらにアップロードしてあるものとなります。

簡単に、文字と画像でもご紹介します。

今回、疑似ベンチシリーズの中に「MS-DOS版」を含む作品があるため、紹介することにしました。当時(1999年頃)は、まだまだMS-DOSを現役のOSであると考え、可能ならMS-DOS版で同じ動きをするソフトを提供しようとしていたという経緯があります。

  • 疑似ベンチ1 ~メモリ編~
    疑似ベンチ1 ~メモリ編~

    疑似ベンチシリーズは、「人間をベンチマークする」という趣旨で、人間に様々な課題を持ちかける。今回は、人間の「メモリ容量」を測ろうとする。直前まで表示されていた数字を記憶し、後で入力させる。数字の桁数はどんどん増えていく。どこまでこたえられたかで、人間のメモリ容量を判定してくれる。


    疑似ベンチ1 ~メモリ編~MS-DOS版

    文字を表示・入力できれば申し分ないということで、こちらはMS-DOS版を準備した。動きはWindows版と同じ。

  • 疑似ベンチ2 ~CPU編~
    疑似ベンチ2 ~CPU編~

    人間の「CPU能力を測定する」ということで、画面上を飛び回る多数のベンチ(木で作られた、座るやつ)をハンマーで叩き、壊し終わるまでの時間を測定し、人間が、パソコンのCPUでいうところのどれくらいに相当するのか?を測ってくれる。

    ただ、当時はPentium等のシリーズが上位の存在だったので、まぁ、測れるとはいっても、当時の指標である。

  • 疑似ベンチ3 ~グラフィック編(AGP)~
    疑似ベンチ3 ~グラフィック編(AGP)~

    こちらはグラフィック編。画面上に表示されたグラフィックを覚える…ということだが、実際には神経衰弱である。
    カードの裏面に書かれたアイコン(当時公開されていた疑似シリーズのアイコン)を見て、同じカードを引く。学生時代は得意だったが、今ではツラい。神経が衰弱していく。


考えてみると、こうやってMS-DOS向けに作られたソフトなら、Linuxに移植するのも容易そうな気がしますね。TeraTermProから他のOSに接続して実行するジョークソフトとか、なかなかエモいです。lsコマンドのtypoとして作られたslコマンドみたいなエモさです。

疑似ベンチシリーズは、人間をベンチマークするということだけあって、人間の脳を刺激するような内容になっているものが多いです。少し前なら「脳トレ」ブームに乗って、Nintendo DSへ移植とか、大躍進ができたかもしれない。


次回は、疑似ベンチ4~6(MS-DOS版を含む)を紹介します。



目次 | ←前へ / 2022-07-04 00:00 / 次へ→ / 最新へ⇒


目次の表示:


ブログではないので、コメント機能とトラックバック機能は提供していません。ご質問・ご意見等はメールフィードバックまたはTwitter等からお願いします。いただいたご質問・ご意見などは、この「管理人のひとこと」の記事に追加、あるいは新規の記事にする形で一部または全文をそのまま、あるいは加工させていただいた上で、ご紹介させていただく場合があります。
当サイトでは掲載内容による不具合等に関する責任を持ちません。また、内容の正確性についての保証もありませんので、情報をご利用の際は、利用者の自己責任で確認をお願いします。本ページは公開から1年半後の任意のタイミングで削除される予定です。


- 最近の更新 -



2827199 (+0152)[+0532]

Copyright© 2010-2022 INASOFT