INASOFT 管理人のひとこと


フリーソフトダウンロードサイト「INASOFT」の管理人 矢吹拓也 が日々の「ひとこと」を語るページです。
2021年1月1日より、旧ブログ(blog.inasoft.org)からお引越ししました。
・INASOFT Webサイト: https://www.inasoft.org/
・管理人のふたこと(長文記事/寄稿文): https://www.inasoft.org/talk/
2022年4月1日で本業多忙化は解除されましたが、更新はほどほどになります。 [2022/4/3 10:24]

目次 | ←前へ / 2022-04-10 00:00 / 次へ→ / 最新へ⇒

■下世話な話で使われる隠語って、実は通じていなかったりする?

2022年 4月10日(日) 0:00:00



RSSRSS配信中
https://www.inasoft.org/



先日聞いた話なのですが、下世話な話をするときに使う「Aまで行った」「Bまで行った」…「Dまで行った」のABCDの定義は、コミュニティにより異なるのだとか。

例えば、Aはキスなのか?手繋ぎなのか?みたいなレベルで違うのだそうで。

こういう会話をするときは、非常に遠回しな表現として、隠語とか、全く別の単語を割り当てて会話をすることが多いわけですが、隠語だったり別の単語だったりすることや、そもそも後ろめたくてそういう単語を使っていることから、わざわざ意味のすり合わせをする機会がないということもあって、実は意味が通じていなかった(意味は通じていなくても、会話は成立するし、お互いバカみたいに笑い合える)なんてことが多かったりして。

そういえば、会社の同僚と話していた時に「砂漠」「丘」とか「上半期」「下半期」とかいう言葉を使ったりしていたことがあったけど、実際にどんな意味で使っているか?とかを擦り合わせる機会は、結局一度もなかったなぁ。酒に酔っていたとはいえ、お互い意味が分かり合っていない状態の言葉で、よくもまぁ、笑い合えていたもんだな。



目次 | ←前へ / 2022-04-10 00:00 / 次へ→ / 最新へ⇒


目次の表示:


ブログではないので、コメント機能とトラックバック機能は提供していません。ご質問・ご意見等はメールフィードバックまたはTwitter等からお願いします。いただいたご質問・ご意見などは、この「管理人のひとこと」の記事に追加、あるいは新規の記事にする形で一部または全文をそのまま、あるいは加工させていただいた上で、ご紹介させていただく場合があります。
当サイトでは掲載内容による不具合等に関する責任を持ちません。また、内容の正確性についての保証もありませんので、情報をご利用の際は、利用者の自己責任で確認をお願いします。本ページは公開から1年半後の任意のタイミングで削除される予定です。


- 最近の更新 -



2778798 (+0127)[+0498]

Copyright© 2010-2022 INASOFT