INASOFT 管理人のひとこと


フリーソフトダウンロードサイト「INASOFT」の管理人 矢吹拓也 が日々の「ひとこと」を語るページです。
2021年1月1日より、旧ブログ(blog.inasoft.org)からお引越ししました。
・INASOFT Webサイト: https://www.inasoft.org/
・管理人のふたこと(長文記事/寄稿文): https://www.inasoft.org/talk/

目次 | ←前へ / 2021-12-13 00:00 / 次へ→ / 最新へ⇒

■「ライザのアトリエ」のエンディングを迎えたけど、一番印象に残ったのは、、、足?

2021年12月13日(月) 0:00:00



RSSRSS配信中
https://www.inasoft.org/



先日開始したライザのアトリエ ~常闇の女王と秘密の隠れ家~」(コーエーテクモゲームス)は、無事にエンディングを迎えました。

ライザのアトリエ 戦闘シーン
ライザのアトリエ ~常闇の女王と秘密の隠れ家~ ©2019 コーエーテクモゲームス

さすがに、「錬金術」がメインなゲームだけあって、ラスボスを倒したらエンディングになるわけではなく、ラスボスで得られるアイテムを素材として錬金術を行い、それを使って問題解決を図ってエンディングを迎えるというわけですね。

素材を合成してアイテムを作り出して云々というのは、面倒くさそうだなぁと思ってました。他のゲームでそういう要素があった時は、……たしか、ドラクエ8かなんかで、そんな要素があったと思いますが、面倒くさくてほぼ無視していたので。

このゲームでは、錬金術がメインなので無視することはできませんが、基本的に「おまかせ」でやってくれる機能がありましたし、さほど苦にはなりませんでした。

あとは、トリダモノ氏の魅力的なイラストの世界は良いものですね。ええ、良いものです。

シナリオは、灼眼のシャナなどで知られる、高橋弥七郎氏が担当されていたんだそうですね。

あと、追加で気になった点としては。

どうやら僕の脳は、音楽を聴くと自動的に「何拍子か?」を計算しようとするらしく、3拍子、4拍子以外の曲を聞くと、激しく脳がエネルギーを消費し出すようにできていることに気づきました。

激しく僕の脳に負荷を与えたのは、ゲーム前半戦での戦闘シーンのBGMです。


前半戦の戦闘シーンのBGMの曲名は「啓蟄、嬰の足」 ©2019 コーエーテクモゲームス

これが流れるたびに、脳が激しくエネルギーを消費し出しまして、最初の頃は無駄に混乱してました。

どうやら、曲名は、「啓蟄(けいちつ)(えい)(あし)」というそうです。普通に読めないので、ルビを振っておきました。詳しい方の解説によれば、この語を使った俳句が存在しており、「春の暖かさで冬眠から目覚めた虫が目を覚まして出てくる頃の、赤ちゃんの足」みたいな意味らしいですが、、、ってか、よく調べてるな。でも、作曲者の方?命名された方?も、たぶん、そこまでされることが分かっていて、ネタを仕込んでるんでしょうね。

ある程度経ってから、「あ!この曲は7拍子だ!」ということに気づいてから、ようやく、無駄な混乱がなくなりました。


ライザのアトリエ ~常闇の女王と秘密の隠れ家~ 戦闘シーン(30秒) ©2019 コーエーテクモゲームス

引用ということで。クラウディアの笛の音が、より一層、脳を混乱させてくれています。(タクティクスレベルが2なのに、連撃を発動できていないのはそのせい)

Nintendo Switchの録画機能を使って撮影したので、30秒だけです。BGM後半の4拍子パートが、どちらかというと人気箇所らしいですが、今回は本題ではないので省きました。

というか、後半の4拍子パートを静かに聞けている状態というのは、だいたい、味方全員がBREAKを食らって、敵から無防備に攻撃され続けて全滅してしまうであろうことを、ただただ待っている状態ということが多いので、この4拍子のパートを心安らかに聞くことができないのです。何も知らずにロックパペットに戦いを挑み、3回連続で全滅させられてしまい、集めた素材を失い続けたのを思い出してしまうのです。

なので、僕の中で印象に残ったパートは、後半の4拍子部分ではなく、前半の7拍子部分となりました。

それにしても、ファイナルファンタジー8の戦闘BGMが5拍子とか、東方輝針城「不思議なお祓い棒」が特殊な感じの拍子になっているとか、これまでもBGMでいくらか混乱をきたしたことはありましたけど、緊迫したシーンで7拍子というのは生まれて初めてのことだったので、だいぶ混乱しました。それゆえ、この「啓蟄、嬰の足」は、ライザの太もも以上に印象を残す結果となりました。

さて、「ライザのアトリエ2」の方に行こうかと思います。タオくんの成長にショックを受けることになるらしいです。



目次 | ←前へ / 2021-12-13 00:00 / 次へ→ / 最新へ⇒


目次の表示:


ブログではないので、コメント機能とトラックバック機能は提供していません。ご質問・ご意見等はメールフィードバックまたはTwitter等からお願いします。いただいたご質問・ご意見などは、この「管理人のひとこと」の記事に追加、あるいは新規の記事にする形で一部または全文をそのまま、あるいは加工させていただいた上で、ご紹介させていただく場合があります。
当サイトでは掲載内容による不具合等に関する責任を持ちません。また、内容の正確性についての保証もありませんので、情報をご利用の際は、利用者の自己責任で確認をお願いします。本ページは公開から1年半後の任意のタイミングで削除される予定です。




2705522 (+0020)[+0450]

Copyright© 2010-2022 INASOFT