INASOFT 管理人のひとこと


フリーソフトダウンロードサイト「INASOFT」の管理人 矢吹拓也 が日々の「ひとこと」を語るページです。
2021年1月1日より、旧ブログ(blog.inasoft.org)からお引越ししました。
・INASOFT Webサイト: https://www.inasoft.org/
・管理人のふたこと(長文記事/寄稿文): https://www.inasoft.org/talk/

最近、気づくと毎日更新になっていることが多いのですが、2021年9月19日(日)から1~2週間程度更新がお休みになる予定です。また、その間に、旧ミニブログと「管理人のひとこと」の統合処理を行います。旧ミニブログからは、本サイト上の当該ページに転送されるようになります。 [2021/9/18 11:30]

目次 | ←前へ / 2021-07-20 00:00 / 次へ→ / 最新へ⇒

■そのままの勢いで「STAND BY ME ドラえもん 2」を観た話。パラドックス回避がんばってる

2021/ 7/20 0:00:00



RSSRSS配信中

https://www.inasoft.org/








昨日、「のび太の新恐竜」を観た勢いで、そのまま、「STAND BY ME ドラえもん 2」を観ることにしました。

ちなみに、「ドラゴンクエスト ユア・ストーリー」で、もう二度とこの人の映画は観ない!と宣言したはずの、山崎貴氏が脚本・共同監督を務める作品となっています。アルキメデスの大戦のせいで、この人に対する評価が揺らいでしまったので、やっぱり見ることにした、ってところで。

前作「STAND BY ME ドラえもん」と同様に、様々なエピソードが短い時間で入り混じる、なかなか忙しい内容になっています。

最初の山場は、のび太がおばあちゃんに会いたいくなり、タイムマシンでおばあちゃんに会いに行くエピソード。原作でのこのエピソードのオチは、「小学生ののびちゃんを観て、欲が出ちゃって、のびちゃんのお嫁さんを観たい」とおばあちゃんが言ったのを受けて、現代の(小学生の)静香ちゃんを連れて行こうとする、というものになっているのですが、本作ではそれを現実に実行しようとして、さらにストーリーが展開する…という内容になっていました。

劇中に様々な小ネタが仕込んであるところは、なかなか面白かったです。例えば、のび太と静香ちゃんの、未来の結婚式場となるホテルでは、別のフロアで「星野スミレ ディナーショー」が開かれるという表示が出ています。


▲「星野スミレ ディナーショー」 ©2020「STAND BY MEドラえもん2」製作委員会

星野スミレは、元はアイドル兼正義の味方パーマン3号(いわゆるパー子)なのですが、パーマン廃業後も、ドラえもん世界ではアイドルを継続しつつ、パーマン1号の帰還を待ち続けています。

(ここら辺をうまく解説しているYouTube動画がありました⇒星野スミレとは何者なのか?【ドラえもん雑学】/ゆっくりドラちゃんねる

のび太小学生当時は、大人になってもアイドルをやっていて(「STAND BY ME ドラえもん」で、ドラえもんの住む押し入れの中に星野スミレのポスターが貼ってあるとのこと)、さらにそこから、のび太が大人になった後もアイドル(的な活動?)を続けているようで、「STAND BY ME ドラえもん」シリーズとしては、かなり明確に、狙って星野スミレを扱っていることが伺えます。

もし、「STAND BY ME ドラえもん3」が登場するとしたら…もしかすると、ドラえもん誕生のエピソードあたりを扱うのかもしれませんが、そこでも何らかの形で星野スミレを登場させるのでしょう。


▲「お札の肖像が手塚治虫」 ©2020「STAND BY MEドラえもん2」製作委員会

それから、未来世界の2000円札の肖像が、手塚治虫になっていました。あえて藤子・F・不二雄ではなく、手塚治虫を持ってくる当たり、漫画界の神様は、やはり、手塚治虫だろうということなんでしょうね。いや、しかし、手塚治虫の功績を考えれば、もしかしたら、50年後くらいには、現実になるかもしれません。

さて、全体を観終わってみますと、短時間な作品の中に様々なエピソードを詰め込み、さらにオリジナルエピソードを入れているためか、いろいろ粗くなっている部分はあるものの、伏線回収とパラドックス回避はきちんと組み込まれていて、矛盾はないようになっていました。粗削りだが、ちゃんと、やるべきことはやっている感があったかな、と。
ますます山崎貴って人が分からなくなった。

話は変わるのですが、中盤で登場する未来デパートの人の声が、バカリズムだったということに、後から気づきました。普通の声優さんかと思ってました。改めてちゃんと聞きなおすと、たしかにバカリズムっぽい声でした。言われなければ分からなかったです。



目次 | ←前へ / 2021-07-20 00:00 / 次へ→ / 最新へ⇒


目次の表示:


ブログではないので、コメント機能とトラックバック機能は提供していません。ご質問・ご意見等はメールフィードバックまたはTwitter等からお願いします。いただいたご質問・ご意見などは、この「管理人のひとこと」の記事に追加、あるいは新規の記事にする形で一部または全文をそのまま、あるいは加工させていただいた上で、ご紹介させていただく場合があります。
当サイトでは掲載内容による不具合等に関する責任を持ちません。また、内容の正確性についての保証もありませんので、情報をご利用の際は、利用者の自己責任で確認をお願いします。本ページは公開から1年半後の任意のタイミングで削除される予定です。




2636828 (+0454)[+1390]

Copyright© 2010-2021 INASOFT