INASOFT 管理人のひとこと


フリーソフトダウンロードサイト「INASOFT」の管理人 矢吹拓也 が日々の「ひとこと」を語るページです。
2021年1月1日より、旧ブログ(blog.inasoft.org)からお引越ししました。
・INASOFT Webサイト: https://www.inasoft.org/
・管理人のふたこと(長文記事/寄稿文): https://www.inasoft.org/talk/

最近、気づくと毎日更新になっていることが多いのですが、2021年9月19日(日)から1~2週間程度更新がお休みになる予定です。また、その間に、旧ミニブログと「管理人のひとこと」の統合処理を行います。旧ミニブログからは、本サイト上の当該ページに転送されるようになります。 [2021/9/18 11:30]

目次 | ←前へ / 2021-07-19 00:00 / 次へ→ / 最新へ⇒

■中国で恐竜の足跡化石が見つかったニュースを聞いて、慌ててドラえもん「のび太の新恐竜」を観た

2021/ 7/19 0:00:00



RSSRSS配信中

https://www.inasoft.org/








先日、中国で見つかった恐竜の足跡化石に、ドラえもんファンだった発見者が「のび太」と命名したというニュースを観まして、そういえばまだ、「のび太の新恐竜」を観ていなかったことを思い出し、慌てて観ることにしました。

なるほど、劇中で、「きみたちの名前がついた恐竜になるかもしれない」と、恐竜学者の人に言われるシーンが存在するんですね。


▲「まっがーれ↓」って言ってくれそうな恐竜博士。 Ⓒ藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK 2020


▲「きみたちの名前がついた恐竜になるかもしれない」Ⓒ藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK 2020

このセリフがあったことを踏まえると、上記のニュースで、足跡化石に「のび太」と命名されたというのは、よりいっそう意義深いものになりそうですね。

ところで、字幕入りのスクリーンショットを撮ろうとして気づいたのですが、字幕中の漢字には、きちんとふりがなが振ってあるんですね。さすが、子供向け映画だと、徹底しているんですね。


ドラえもんの映画では割と無視されがちな、「恐竜の時代は、現代とは酸素濃度が違う」が、きちんと言及されていて、好感が持てました。昔とは違うんですね。

ちなみにモヤッとした点もありまして。

ネタバレっぽくなるので、明確には書けないのですが、既に観た人なら分かる書き方にするとして……個人的に中盤での”特別出演”は大変良かったと思いました。少なくとも登場の時点では。

ただ、終盤の展開を考えると、あの"特別出演"キャラはどうなっちゃうのかな?…と考えると、あの特別出演は余計だったのではないか?と思えてしまいました。これはかなり悲しいことです。


話は変わるのですが、昭和時代のドラえもんファンとしては、ドラえもんの映画というと、「ドラえも~~~ん」とのび太が叫び、そこへドラえもんの歌(こんなこといいな できたらいいな♪)が流れるという一連の流れがないと、なんだか物足りない気がしてくる。たぶん、気のせいなんですけどね。

あと、映画になると、ジャイアンがイイやつに変貌することは結構あるのですが、本映画では、スネ夫のジャイアンに対する当たりが酷いw



目次 | ←前へ / 2021-07-19 00:00 / 次へ→ / 最新へ⇒


目次の表示:


ブログではないので、コメント機能とトラックバック機能は提供していません。ご質問・ご意見等はメールフィードバックまたはTwitter等からお願いします。いただいたご質問・ご意見などは、この「管理人のひとこと」の記事に追加、あるいは新規の記事にする形で一部または全文をそのまま、あるいは加工させていただいた上で、ご紹介させていただく場合があります。
当サイトでは掲載内容による不具合等に関する責任を持ちません。また、内容の正確性についての保証もありませんので、情報をご利用の際は、利用者の自己責任で確認をお願いします。本ページは公開から1年半後の任意のタイミングで削除される予定です。




2636819 (+0445)[+1390]

Copyright© 2010-2021 INASOFT