INASOFT 管理人のひとこと


フリーソフトダウンロードサイト「INASOFT」の管理人 矢吹拓也 が日々の「ひとこと」を語るページです。
2021年1月1日より、旧ブログ(blog.inasoft.org)からお引越ししました。
・INASOFT Webサイト: https://www.inasoft.org/
・管理人のふたこと(長文記事/寄稿文): https://www.inasoft.org/talk/
5月16日以降は、更新が断続的になる見込みです。

目次 | ←前へ / 2021-06-11 00:00 / 次へ→ / 最新へ⇒

■「クリティカルヒット」という言葉の歴史ってどうなんだろう

2021/ 6/11 0:00:00



RSSRSS配信中

https://www.inasoft.org/








少し前に、ピルクルのCMを見ていたら「クリティカルヒット」という言葉が出てきていました。

そういえばこの言葉って、ファイナルファンタジー(や他のスクウェア系作品)でしか聞いたことがなかったので、なんとなく勝手に、スクウェアのゲームの用語なのかな?と思っていました。ドラクエの「会心の一撃/痛恨の一撃」って、多分、ドラクエの専門用語な気がするので、それと同じように。

でも、もしかして、クリティカルヒットって、もしかして一般用語なのかな?と始めて意識しました。

ちなみに我が家では、ファイナルファンタジーよりも先にドラクエが入ってきていたので、「クリティカルヒットとは、『会心の一撃』的なもの」程度の理解しかしていませんでした。でも一般用語だとすると、実際にはどういう意味の言葉なんだろう?

調べてみたら、低い確率で強烈なダメージを与えることを意味するクリティカルヒット(Critical Hit=致命的な一撃)は、「ウィザードリィ」で使い始められた言葉だったのだそうで。

英語文化圏では、略してCritと呼ばれることもあるのだそうで。

ただし、日本語ではCritは「クリット」と書かれてしまい、Clit…で始まる卑猥な言葉の略語と区別がつかないことから、「クリット」と略されるよりも「クリティカル」と略されることが多いとのこと。



目次 | ←前へ / 2021-06-11 00:00 / 次へ→ / 最新へ⇒


目次の表示:


ブログではないので、コメント機能とトラックバック機能は提供していません。ご質問・ご意見等はメールフィードバックまたはTwitter等からお願いします。いただいたご質問・ご意見などは、この「管理人のひとこと」の記事に追加、あるいは新規の記事にする形で一部または全文をそのまま、あるいは加工させていただいた上で、ご紹介させていただく場合があります。
当サイトでは掲載内容による不具合等に関する責任を持ちません。また、内容の正確性についての保証もありませんので、情報をご利用の際は、利用者の自己責任で確認をお願いします。本ページは公開から1年半後の任意のタイミングで削除される予定です。




2593105 (+0413)[+0550]

Copyright© 2010-2021 INASOFT