INASOFT 管理人のひとこと


フリーソフトダウンロードサイト「INASOFT」の管理人 矢吹拓也 が日々の「ひとこと」を語るページです。
2021年1月1日より、旧ブログ(blog.inasoft.org)からお引越ししました。
・INASOFT Webサイト: https://www.inasoft.org/
・管理人のふたこと(長文記事/寄稿文): https://www.inasoft.org/talk/
5月16日以降は、更新が断続的になる見込みです。

目次 | ←前へ / 2021-05-30 00:00 / 次へ→ / 最新へ⇒

■スーパーマリオ3Dワールドの忍者屋敷風のコースに銅鑼が配置されているのが、なんとなく

2021/ 5/30 0:00:00



RSSRSS配信中

https://www.inasoft.org/








スーパーマリオ3Dワールドをプレイしていて、ワールド6-3「タッチ!謎のからくり城」というコースが登場します。

こんな感じのコース

こういう和風テイストな城は、ヨッシーのクラフトワールドでも出てきたり、スーパーマリオオデッセイのクッパ城としてもでてきたり、そこそこお馴染みだったりするのですが、スーパーマリオ3Dワールドの「タッチ!謎のからくり城」の場合は、コース内に銅鑼が設置されているんですね。

城そのものは、忍者を思わせる和風のテイストなのに対し、銅鑼は、なんとなく中国風な感じがしていて、なんだか文化の違うものが混ぜ合わされていることに、なんとなくの違和感を感じます。

ただ、欧米人の考える東アジアな雰囲気という意味では、好まれるのかもしれない。ただ、スーパーマリオ3Dワールドは日本で作られているはずのゲームですからね。そこらへんが不思議。

ただ、まぁ、忍者屋敷に銅鑼があっても、まぁ、いいのかもしれない。このあたりは、単なる僕の常識(アインシュタイン曰く、常識とは18歳までに集めた偏見のコレクションだそうだ)が招いている違和感なのかもしれない。



目次 | ←前へ / 2021-05-30 00:00 / 次へ→ / 最新へ⇒


目次の表示:


ブログではないので、コメント機能とトラックバック機能は提供していません。ご質問・ご意見等はメールフィードバックまたはTwitter等からお願いします。いただいたご質問・ご意見などは、この「管理人のひとこと」の記事に追加、あるいは新規の記事にする形で一部または全文をそのまま、あるいは加工させていただいた上で、ご紹介させていただく場合があります。
当サイトでは掲載内容による不具合等に関する責任を持ちません。また、内容の正確性についての保証もありませんので、情報をご利用の際は、利用者の自己責任で確認をお願いします。本ページは公開から1年半後の任意のタイミングで削除される予定です。




2593126 (+0434)[+0550]

Copyright© 2010-2021 INASOFT