INASOFT 管理人のひとこと


フリーソフトダウンロードサイト「INASOFT」の管理人 矢吹拓也 が日々の「ひとこと」を語るページです。
2021年1月1日より、旧ブログ(blog.inasoft.org)からお引越ししました。
・INASOFT Webサイト: https://www.inasoft.org/
・管理人のふたこと(長文記事/寄稿文): https://www.inasoft.org/talk/
本業の方のお仕事が再び忙しくなりつつあるので、断続的にしばらく更新が止まることがあります。

目次 | ←前へ / 2021-01-14 00:00 / 次へ→ / 最新へ⇒

■ドラゴンボールZの映画で、太陽に叩きつけられていた敵がいたけど、あれを実現するには?

2021/ 1/14 0:00:00


RSSRSS配信中

https://www.inasoft.org/








アニメ「ドラゴンボールZ」の映画の中で、フリーザの兄「クウラ」が地球に攻めてくる作品がありました。

色々あって、クウラは撃退されるわけですが、そんなクウラの最後は、超かめはめ波により宇宙空間に押し出され、太陽まで到達するというものでした。(その後、メタルクウラとして復活し、新ナメック星を攻めていたため、太陽の熱でも完全に倒すことはできていなかったようですが)

地球上の物体を地球の外へ放り出し、地球に落下させず、それどころか太陽に突っ込ませるのって、例えば「ごみ処理の妄想」なんかで考えることがありますが、実際には難しいみたいです……と、空想科学読本の柳田理科雄さんが言いそうな気がします。もしかしたら、実際に言っているかもしれませんね。

地球上の物体を空に放り投げ、地上に落下させないようにするための初速度を「第一宇宙速度」と呼びますが、約7.9km/s(=時速28,440km)です。

この、時速2万8千キロの初速度で放り投げた場合であっても、地球の周りをぐるぐると、円もしくは楕円で回るだけなので、太陽に向かって動かすことはできません。

地上に降りてこないとはいえ、宇宙の帝王の兄クウラが地球の重力圏内をグルグル回り続けているというのは、ちょっと寝ざめが悪いです。

地球上の物体を空に放り投げ、地球の重力から脱出させるための初速度を「第二宇宙速度」と呼びますが、約11.2km/s(=時速40,320km)です。

地球それ自身が重力で物体を束縛していますし、地球自体が28km/s(=時速10万800km)で動いて(公転して)いますから、まずはそれに逆らう必要があるわけですね。地球の自転(時速1700km)が、地球の公転と逆方向になっている箇所で放り出せば、ちょっと有利かもしれません。自転速度が最も稼げるのは、赤道付近でしょうね。日本国内なら沖ノ鳥島…は、立ち入りは難しそうなので、種子島宇宙センターあたりで頑張りましょう。

ちなみに、クウラに対し、もう二度と太陽系に戻ってくるな!という意思のもと、太陽系外に放り出そうとした場合は、「第三宇宙速度」が必要になり、約16.7km/s(=時速60,120km)です。

銀河系(天の川銀河)から追放したい場合はどうなるかな?とググってみたら、計算している人がいて約300km/s(=時速108万km)だそうです。



目次 | ←前へ / 2021-01-14 00:00 / 次へ→ / 最新へ⇒


目次の表示:


ブログではないので、コメント機能とトラックバック機能は提供していません。ご質問・ご意見等はメールフィードバックまたはTwitter等からお願いします。いただいたご質問・ご意見などは、この「管理人のひとこと」の記事に追加、あるいは新規の記事にする形で一部または全文をそのまま、あるいは加工させていただいた上で、ご紹介させていただく場合があります。
当サイトでは掲載内容による不具合等に関する責任を持ちません。また、内容の正確性についての保証もありませんので、情報をご利用の際は、利用者の自己責任で確認をお願いします。本ページは公開から1年半後の任意のタイミングで削除される予定です。




2558628 (+0255)[+0651]

Copyright© 2010-2021 INASOFT