INASOFT 管理人のひとこと


フリーソフトダウンロードサイト「INASOFT」の管理人 矢吹拓也 が日々の「ひとこと」を語るページです。
2021年1月1日より、旧ブログ(blog.inasoft.org)からお引越ししました。
・INASOFT Webサイト: https://www.inasoft.org/
・管理人のふたこと(長文記事/寄稿文): https://www.inasoft.org/talk/
本業の方のお仕事が再び忙しくなりつつあるので、断続的にしばらく更新が止まることがあります。

目次 | ←前へ / 2020-12-10 00:00 / 次へ→ / 最新へ⇒

■そろそろリモート飲み会も定例化してきたので、本物のWebカメラを調達するか…だが…

2020/12/10 0:00:00


RSSRSS配信中

https://www.inasoft.org/








コロナ禍に入りたての頃、リモート飲み会を開くために、自宅PCにカメラが付いていなかったため、会社PC(カメラ付き)を使うわけにはいかないし、どうしようかと考えてiPhoneをWebカメラ化するアプリを有料で購入して使っていました。

が、忘年会時期も近づき、そろそろリモート飲み会も定例化されてきたし、Webカメラも店頭に並ぶようになってきたし、ちゃんとしたWebカメラを買ってもいいかなと思うようになりました。

ただ、様々なものが並んでいます。

1000円台の製品。2000円台の製品。4000円台の製品。1万円近い製品。

何百万画素とかの数字が並んでいるものの、その数字からイメージを沸かせることができない。

XX GHz・XコアのCPUと言われれば、どれくらいのことができそうか、だいたい想像できる。

XX GByteのメモリと言われれば、どれくらいのことができそうか、だいたい想像できる。

スマホのストレージがXX GByteと言われれば、どれくらいのものが保存できそうか、だいたい想像できる。

録画機のHDD容量がXX TBと言われれば、どれくらいのものがどういう画質ならどれくらい保存できそうか、だいたい想像できる。

ひと月当たりの通信容量がXX GByteと言われれば、どれくらいのことができそうか、だいたい想像できる。

何百万画素と言われて、だいたいどれくらいの品質を得られるかを想像するには、ある程度の慣れが必要。

というわけで、2000円台の製品。100万画素のものを購入しました。

202012webcamera.jpg

実際使ってみると………やっぱり粗いですね。

「2000円代」と言われれば、納得の粗さといった感じなので、値段から受ける想像とだいたい合致してそう。

これまで、iPhoneをWebカメラ化するアプリを使っていたわけですが、iPhoneって、800万画素とか1200万画素とかの世界のカメラを搭載しているわけですから、順当と言えば順当。

まぁ、これでYouTube配信をするわけでもないし、せいぜいリモート飲み会で意思疎通が取れればよいし、むしろ毛穴の奥まで覗かれても困ることを考えれば、ちょうどよいともいえる。

でも、次からはこの4倍。8000円代とか、800万画素とか、そういうクラスのものを買おうかなとは思います。



目次 | ←前へ / 2020-12-10 00:00 / 次へ→ / 最新へ⇒


目次の表示:


ブログではないので、コメント機能とトラックバック機能は提供していません。ご質問・ご意見等はメールフィードバックまたはTwitter等からお願いします。いただいたご質問・ご意見などは、この「管理人のひとこと」の記事に追加、あるいは新規の記事にする形で一部または全文をそのまま、あるいは加工させていただいた上で、ご紹介させていただく場合があります。
当サイトでは掲載内容による不具合等に関する責任を持ちません。また、内容の正確性についての保証もありませんので、情報をご利用の際は、利用者の自己責任で確認をお願いします。本ページは公開から1年半後の任意のタイミングで削除される予定です。




2513795 (+0445)[+0485]

Copyright© 2010-2021 INASOFT