INASOFT 管理人のひとこと


フリーソフトダウンロードサイト「INASOFT」の管理人 矢吹拓也 が日々の「ひとこと」を語るページです。
2021年1月1日より、旧ブログ(blog.inasoft.org)からお引越ししました。
・INASOFT Webサイト: https://www.inasoft.org/
・管理人のふたこと(長文記事/寄稿文): https://www.inasoft.org/talk/
本業の方のお仕事が再び忙しくなりつつあるので、断続的にしばらく更新が止まることがあります。

目次 | ←前へ / 2020-10-21 00:00 / 次へ→ / 最新へ⇒

■先週見た夢と、スピルバーグ監督の宇宙モノの映画を借りてきた話

2020/10/21 0:00:00


RSSRSS配信中

https://www.inasoft.org/








そういえば、まだしっかりと観たことはなかったなと思い、スピルバーグ監督の「未知との遭遇」のDVDを借りてくることにしました。

202010_michitonosogu.jpg

原語でのタイトルは「CLOSE(接近) ENCOUNTERS(遭遇) OF THE THIRD KIND(第三種)」ということで、「第三種接近遭遇」というタイトルなんですね。

地球外の知的生命体の乗る宇宙船を間近で観察できることが「第一種」接近遭遇。

地球外の知的生命体の乗る宇宙船の影響が、何らかの形で地球上の人やモノに影響を与えることが「第二種」接近遭遇。

地球外の知的生命体と、知的なコンタクト(搭乗員との接触)をとる段階が「第三種」接近遭遇なんだそうで。

これを借りることになったきっかけは、ふとしたことで、E.T.(同じくスピルバーグ監督の、宇宙人の子供と地球人の子供の心の交流を描く、自転車に乗って空を飛ぶアレですね)に出てくる宇宙人のことを聞いたことがきっかけ。

E.T.に登場する宇宙人は「野菜型宇宙人」なんだそうですね。いや、サイヤ人とかそういうのではなく、「植物の実」の部分が知的に進化した植物型人間なんだそうで。地球の重力は重いので、地球上では常時しゃがんだような体勢を取っているのだとか。

で、そのことを聞いた翌日に夢を見まして。

自宅の台所に「テヅルモヅル」が忍び込んでいて、排除しようとしたら、しゃべりだしたんです。

「実は自分は、この家に住む女の子と仲良しで、いっしょに遊んでいたんだ」とか。

実は彼(?)は、「テヅルモヅル型宇宙人」であり、人間の形に変形することができて、人間の子供と心を交流したり、遊んだりすることができるのだとか。

うーん、我が家の長女(小2)が、宇宙人とコンタクトをとり、そんな秘密を抱えていたとは!と思ったところで、目が覚めました。

なんでよりによって、テヅルモヅルだったんだ…。

というわけで、E.T.を借りようと思ったのですが、E.T.が貸出中になっており、仕方なく、まだしっかり観たことのない、第三種接近遭遇こと「未知との遭遇」を借りることにしました。

今度は、E.T.も借ります。

あと、ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督の映画「メッセージ」(Arrival)(こちらは「ばかうけ型宇宙人」?)も借りておきたい。




目次 | ←前へ / 2020-10-21 00:00 / 次へ→ / 最新へ⇒


目次の表示:


ブログではないので、コメント機能とトラックバック機能は提供していません。ご質問・ご意見等はメールフィードバックまたはTwitter等からお願いします。いただいたご質問・ご意見などは、この「管理人のひとこと」の記事に追加、あるいは新規の記事にする形で一部または全文をそのまま、あるいは加工させていただいた上で、ご紹介させていただく場合があります。
当サイトでは掲載内容による不具合等に関する責任を持ちません。また、内容の正確性についての保証もありませんので、情報をご利用の際は、利用者の自己責任で確認をお願いします。本ページは公開から1年半後の任意のタイミングで削除される予定です。




2533627 (+0431)[+0493]

Copyright© 2010-2021 INASOFT