INASOFT 管理人のひとこと


フリーソフトダウンロードサイト「INASOFT」の管理人 矢吹拓也 が日々の「ひとこと」を語るページです。
2021年1月1日より、旧ブログ(blog.inasoft.org)からお引越ししました。
・INASOFT Webサイト: https://www.inasoft.org/
・管理人のふたこと(長文記事/寄稿文): https://www.inasoft.org/talk/
本業の方のお仕事が再び忙しくなりつつあるので、断続的にしばらく更新が止まることがあります。

目次 | ←前へ / 2020-08-18 00:00 / 次へ→ / 最新へ⇒

■けっこう最近知った話。マンボウに関して聞いていた話は、だいたいウソだったらしい

2020/ 8/18 0:00:00


RSSRSS配信中

https://www.inasoft.org/








昔から、マンボウは最弱の魚であるという伝説?をよく聞いていました。

たぶん、小学校高学年~中学生くらいのときには、次のような話を聞いていたと思います。

  • マンボウは最弱の魚である
  • 着水の衝撃で死ぬ(自ら飛び上がって、着水で死ぬ)
  • 卵を3億個産む
どうやら、これらはウソらしいです。

1番目は、よくわからんのでスキップするとして。

2番目の「着水の衝撃云々」については、マンボウが自ら飛び上がることについては確かだが、その着水で死ぬなんてことはないらしいとのこと。

ちなみに、マンボウが自ら飛び上がり、激しく着水することについては、寄生虫を除去するためという情報もあるのですが、どうやらこれも、審議がよくわからないのだとか。

卵が3億個というのも、じっさいにはそんなに多くないとのこと。卵巣の中で、将来的に卵に成長しそうな細胞が3億個ありそう、というだけの話観たい。

なお、これらについては、上記のような情報がWikipediaに書かれてしまったのが、マンボウに関するウソ情報が広まってしまったきっかけだという話もあるんですが、僕が上記のような話を聞いたのって、小学校高学年~中学生くらいのときだったと思うので、1989年~1994年くらいの話なんですよね。

そんな時代にWikipediaがあったとは思えないので、これ自体も信ぴょう性に欠けますね。





目次 | ←前へ / 2020-08-18 00:00 / 次へ→ / 最新へ⇒


目次の表示:


ブログではないので、コメント機能とトラックバック機能は提供していません。ご質問・ご意見等はメールフィードバックまたはTwitter等からお願いします。いただいたご質問・ご意見などは、この「管理人のひとこと」の記事に追加、あるいは新規の記事にする形で一部または全文をそのまま、あるいは加工させていただいた上で、ご紹介させていただく場合があります。
当サイトでは掲載内容による不具合等に関する責任を持ちません。また、内容の正確性についての保証もありませんので、情報をご利用の際は、利用者の自己責任で確認をお願いします。本ページは公開から1年半後の任意のタイミングで削除される予定です。




2555276 (+0420)[+0556]

Copyright© 2010-2021 INASOFT