INASOFT 管理人のひとこと


フリーソフトダウンロードサイト「INASOFT」の管理人 矢吹拓也 が日々の「ひとこと」を語るページです。
2021年1月1日より、旧ブログ(blog.inasoft.org)からお引越ししました。
・INASOFT Webサイト: https://www.inasoft.org/
・管理人のふたこと(長文記事/寄稿文): https://www.inasoft.org/talk/
本業の方のお仕事が再び忙しくなりつつあるので、断続的にしばらく更新が止まることがあります。

目次 | ←前へ / 2020-07-09 00:00 / 次へ→ / 最新へ⇒

■どうしてもエンジニアの視点で見てしまう。「様と名前が逆転したメール」

2020/ 7/ 9 0:00:00


RSSRSS配信中

https://www.inasoft.org/








iPhoneを使っていたり、インターネット上のサービスを利用していたり、ゲームをプレイしていたりしているときも、何か事象が発生すると、どうしても「エンジニア視点」で観てしまうことがあります。

例えば、先日発生したコレ。

202007_samaname_.jpg

上の方にある「宛先:」欄の後ろが「様矢吹拓也」になっていました。

何でこんなことが起きるのだろうか?

このサービスを作った会社のテスターがサボっていたかどうかとかではなく、どうしてこんな現象が生じてしまうのだろうか?というような視点。

以前、マイクロソフトのサイトのアンケートかなんかのページで、「職業」選択欄が「博士」「」「」「」になっていたという事件がありました。これはどうやら、「Dr.」「Mr.」「Mrs.」「Miss」を翻訳(誤訳)したものらしい、とのこと。

となるとこれも、似たような現象かもしれません。つまり、「Mr.矢吹拓也」が「矢吹拓也」になったような感じ。

例えば、次のようなことが考えられます。

  • 海外のパッケージ製品を使っている。
  • そのパッケージ製品では、メールのエンペローブに「Dr.」「Mr.」「Mrs.」「Miss」をつけることができるようになっているが、それを「」と翻訳した。
  • メール本文の方はカスタマイズして「様」を後ろに付けることができたが、エンペローブ部分については、何らかの理由でそのままになっている(なってしまった)。
さらに、これをテスターが見つけられたか否かについても、次のようなことが考えられます。

  • テスターはこの誤りを見つけていたが、この海外パッケージの制限により、「Dr.」「Mr.」「Mrs.」「Miss」の位置を変えることができない or 変えるには多額の投資が必要となってしまい、仕様として放置した。
ありえそう。

全部想像ですが。





目次 | ←前へ / 2020-07-09 00:00 / 次へ→ / 最新へ⇒


目次の表示:


ブログではないので、コメント機能とトラックバック機能は提供していません。ご質問・ご意見等はメールフィードバックまたはTwitter等からお願いします。いただいたご質問・ご意見などは、この「管理人のひとこと」の記事に追加、あるいは新規の記事にする形で一部または全文をそのまま、あるいは加工させていただいた上で、ご紹介させていただく場合があります。
当サイトでは掲載内容による不具合等に関する責任を持ちません。また、内容の正確性についての保証もありませんので、情報をご利用の際は、利用者の自己責任で確認をお願いします。本ページは公開から1年半後の任意のタイミングで削除される予定です。




2555443 (+0048)[+0539]

Copyright© 2010-2021 INASOFT