INASOFT 管理人のひとこと


フリーソフトダウンロードサイト「INASOFT」の管理人 矢吹拓也 が日々の「ひとこと」を語るページです。
2021年1月1日より、旧ブログ(blog.inasoft.org)からお引越ししました。
・INASOFT Webサイト: https://www.inasoft.org/
・管理人のふたこと(長文記事/寄稿文): https://www.inasoft.org/talk/
本業の方のお仕事が再び忙しくなりつつあるので、断続的にしばらく更新が止まることがあります。

目次 | ←前へ / 2020-03-09 00:00 / 次へ→ / 最新へ⇒

■「へんたつ」を観ていて気付いたんだが、メドローア感は「メドローアみ」に現代語訳できるか

2020/ 3/ 9 0:00:00


RSSRSS配信中

https://www.inasoft.org/








先週末、テレビで放送されていた「へんたつ」第10話を観ていて、ふと思ったことがありました。

公式にアップロードされている動画をリンクしておきます。


へんたつTV版・第10話

最強のモノ最強のモノを掛け合わせたときに「メドローア感」と読んだときに通じるかどうかは、けっこう世代に依存しそうな気がしますが、まぁそれは置いておいて、ふと、これを現代風に言い表したら(メドローアを最近の子が知っていると仮定して)、「メドローア」って言ったりするんだろうか?と。

「○○み」という言葉が、元々使われていた「丸み」「渋み」などだけでなく、本来(「さ」は付けることがあっても)「み」を付けることのなかった言葉に使われる、という、日本語の変化が最近ありました。

つらがある」

第三次世界大戦がある」

とかですね。

そこで、ふと、上記の会話中の「メドローア感がある」の部分が「メドローアみがある」と言い換えても、けっこう通じるんじゃないかと思ったり。

○○感」が「○○み」に、そのまま移行できるんじゃないかと。

まぁ、僕自身「○○み」の用法について全然詳しくないので分からないんですが、これってトリビアになりませんかね(死語)。




目次 | ←前へ / 2020-03-09 00:00 / 次へ→ / 最新へ⇒


目次の表示:


ブログではないので、コメント機能とトラックバック機能は提供していません。ご質問・ご意見等はメールフィードバックまたはTwitter等からお願いします。いただいたご質問・ご意見などは、この「管理人のひとこと」の記事に追加、あるいは新規の記事にする形で一部または全文をそのまま、あるいは加工させていただいた上で、ご紹介させていただく場合があります。
当サイトでは掲載内容による不具合等に関する責任を持ちません。また、内容の正確性についての保証もありませんので、情報をご利用の際は、利用者の自己責任で確認をお願いします。本ページは公開から1年半後の任意のタイミングで削除される予定です。




2555413 (+0018)[+0539]

Copyright© 2010-2021 INASOFT