INASOFT 管理人のひとこと


フリーソフトダウンロードサイト「INASOFT」の管理人 矢吹拓也 が日々の「ひとこと」を語るページです。
2021年1月1日より、旧ブログ(blog.inasoft.org)からお引越ししました。
・INASOFT Webサイト: https://www.inasoft.org/
・管理人のふたこと(長文記事/寄稿文): https://www.inasoft.org/talk/
本業の方のお仕事が再び忙しくなりつつあるので、断続的にしばらく更新が止まることがあります。

目次 | ←前へ / 2020-02-22 00:00 / 次へ→ / 最新へ⇒

■YouTubeで未解決事件や歴史上の謎を語る動画を見ていると欲しくなるドラえもんの道具

2020/ 2/22 0:00:00


RSSRSS配信中

https://www.inasoft.org/








ひと昔前、YouTubeでは、ちょっとの音楽と共に、Wikipediaで書いてあったのであろう文章を下から上に流すだけの詐欺みたいな動画が結構あって、「タイトルには興味惹かれるのに、中身はムカつく動画だな」と思っていたものなのですが、最近はそういうのが一掃されて?、ちゃんと(?) ユーチューバーの人が話しているものが増えてきました。

中には、動物の仮面をかぶっている人もいたりしますけどね。

あと、YouTuber本人の出演はないものの、声と共に、いらすとやの絵と効果音とテロップを付けているものもあって、まぁ、元ネタはWikipediaから取ってきたものなのだろうけど、創意工夫が付加されていて、これはこれで良いのではないかと思うものが増えてきて、ちょっと嬉しくなります。

そういうのを見ていると、たまに、世の中の未解決事件とか、歴史上の謎を語る動画とかが出てきたりします。

そうすると、こういう時に役に立つドラえもんの道具が「タイムテレビ」なんだろうなぁと思えてきたりします。

例えば、失踪事件なんかの場合、『□年□月□日、□時□分ごろ、○○神社で、車の中で「△△へ行ってくる」と言って外へ出たまま戻ってこなかった』とかいう感じで、行方不明になった時間と場所が、割と明示されていたりしますから、こういった謎を追いやすそうです。

ただし、ドラえもんの作中でタイムテレビが出てくるときは、時間と場所が明確でなくても、コンピュータがわりと正確にあいまい検索をしてくれているみたいですけどね。

この他にも、アメリカでUFOが墜落したと言われる事件の現場だったり、大統領が殺害された現場だったり、あるいは、ソ連の冬山で謎の死を遂げた一行だったり……と、世の中には「当時のその場に行かなきゃわからないだろうな」という事件が結構ありますからね。

あるいは、日本の紀元2世紀~3世紀ごろの邪馬台国の位置もわかりそう。

ちなみに、ドラえもんの作中では「2005年にタイムマシンが発明されたことで、邪馬台国の位置が明らかになった」というようなアナウンスが出てくるシーンがあった気がする。テレビアニメ版だけかもしれないけど。




目次 | ←前へ / 2020-02-22 00:00 / 次へ→ / 最新へ⇒


目次の表示:


ブログではないので、コメント機能とトラックバック機能は提供していません。ご質問・ご意見等はメールフィードバックまたはTwitter等からお願いします。いただいたご質問・ご意見などは、この「管理人のひとこと」の記事に追加、あるいは新規の記事にする形で一部または全文をそのまま、あるいは加工させていただいた上で、ご紹介させていただく場合があります。
当サイトでは掲載内容による不具合等に関する責任を持ちません。また、内容の正確性についての保証もありませんので、情報をご利用の際は、利用者の自己責任で確認をお願いします。本ページは公開から1年半後の任意のタイミングで削除される予定です。




2560221 (+0076)[+0618]

Copyright© 2010-2021 INASOFT