INASOFT 管理人のひとこと


フリーソフトダウンロードサイト「INASOFT」の管理人 矢吹拓也 が日々の「ひとこと」を語るページです。
2021年1月1日より、旧ブログ(blog.inasoft.org)からお引越ししました。
・INASOFT Webサイト: https://www.inasoft.org/
・管理人のふたこと(長文記事/寄稿文): https://www.inasoft.org/talk/
本業の方のお仕事が再び忙しくなりつつあるので、断続的にしばらく更新が止まることがあります。

目次 | ←前へ / 2020-02-15 00:00 / 次へ→ / 最新へ⇒

■こんなRaspberry Piがあったらいいのに、の話。Zeroみたいにピンなし版があってもよさそう

2020/ 2/15 0:00:00


RSSRSS配信中

https://www.inasoft.org/








Raspberry Pi Zeroには3つのタイプがあります。

タイプ価格特徴
Raspberry Pi Zero$5GPIOピンヘッダなし
Raspberry Pi Zero W$10GPIOピンなし、Wi-Fiあり、Bluetoothあり
Raspberry Pi Zero WH$14
GPIOピンあり、Wi-Fiあり、Bluetoothあり


Raspberry Pi Zeroは、GPIOピンをなくすバージョンを作ることで、超低価格を実現しているわけですね。

ところで、普通のRaspberry Pi 2B/3B/4Bとかの場合、Raspberry Piを電子工作学習用ではなく、「安価で簡易なLinuxサーバ」として使っている人は多いかと思います。そういった人にとっては、ピンヘッダの存在って必須ではないので、そういう人たちのために、ピンヘッダなしのRaspberry Pi 2B/3B/4Bとかって、あってもよさそうなんですけど、どうでしょうかね。

202002_rspi3_pin.jpg

まぁ、そういう人たちでも、空冷ファンを付けるために、5VとGNDのピンは欲しいと言うかもしれないですけどね。

ただ、こういうものって、同一規格のものを大量生産することで、低価格を実現しているというところもあるので、下手にたくさんのモデルを準備してしまうと、逆にコストが上がってしまうのかもしれません。

とくにSoCは超大量生産を考慮してのコスパありきで設計すると聞きますし。Raspberry Piというシングルボードコンピュータ全体としてもそうなのかもしれません。




目次 | ←前へ / 2020-02-15 00:00 / 次へ→ / 最新へ⇒


目次の表示:


ブログではないので、コメント機能とトラックバック機能は提供していません。ご質問・ご意見等はメールフィードバックまたはTwitter等からお願いします。いただいたご質問・ご意見などは、この「管理人のひとこと」の記事に追加、あるいは新規の記事にする形で一部または全文をそのまま、あるいは加工させていただいた上で、ご紹介させていただく場合があります。
当サイトでは掲載内容による不具合等に関する責任を持ちません。また、内容の正確性についての保証もありませんので、情報をご利用の際は、利用者の自己責任で確認をお願いします。本ページは公開から1年半後の任意のタイミングで削除される予定です。




2554568 (+0268)[+0573]

Copyright© 2010-2021 INASOFT