INASOFT 管理人のひとこと


フリーソフトダウンロードサイト「INASOFT」の管理人 矢吹拓也 が日々の「ひとこと」を語るページです。
2021年1月1日より、旧ブログ(blog.inasoft.org)からお引越ししました。
・INASOFT Webサイト: https://www.inasoft.org/
・管理人のふたこと(長文記事/寄稿文): https://www.inasoft.org/talk/
本業の方のお仕事が再び忙しくなりつつあるので、断続的にしばらく更新が止まることがあります。

目次 | ←前へ / 2019-04-03 00:00 / 次へ→ / 最新へ⇒

■中古屋を生活サイクルに入れると…また別の世界が見えてきて

2019/ 4/ 3 0:00:00


RSSRSS配信中

https://www.inasoft.org/








最近、お金が足りなくなることが度々あるので、趣味の品を手に入れる際には、押し入れの中にある古い趣味の品を売り払うことがあります。

中古市場は作者にお金が回らないので云々みたいな理想だけで語れるほど、世の中甘くないですね…。

最近、DL販売のゲームや電子書籍の最大の欠点は、「ブックオフに売りに行けないこと」なんじゃないかと思えてくることが、しばしばありまして。

そういえば最近、小売店で、ポイント還元につられて電子マネーやクレジットカード払いに挑戦する機会が増えてきていたりするわけですが、同じ容易に、中古屋をサイクルに入れて考えると、モノを買うときの考え方が変わるような気がしています。

というのも、最近では3DSやPSVitaのゲームが高く売れるという事情がありまして。

多くの人がDL販売のゲームを買うようになってしまったため、中古市場に3DSやPSVitaの人気ゲームが不足しているらしいんですね。

品が不足していれば、価格が高くなる。

DL販売のゲームとパッケージ販売のゲームを比較して、多少は金額の高低はあると思いますが(大抵は、DL販売の方が安いはずですが)、さらに売れるときの金額を差し引くとどうなるか…とかも考えてみると、また違う価値観が生まれるんじゃないかなと思ってみたり。




目次 | ←前へ / 2019-04-03 00:00 / 次へ→ / 最新へ⇒


目次の表示:


ブログではないので、コメント機能とトラックバック機能は提供していません。ご質問・ご意見等はメールフィードバックまたはTwitter等からお願いします。いただいたご質問・ご意見などは、この「管理人のひとこと」の記事に追加、あるいは新規の記事にする形で一部または全文をそのまま、あるいは加工させていただいた上で、ご紹介させていただく場合があります。
当サイトでは掲載内容による不具合等に関する責任を持ちません。また、内容の正確性についての保証もありませんので、情報をご利用の際は、利用者の自己責任で確認をお願いします。本ページは公開から1年半後の任意のタイミングで削除される予定です。




2554975 (+0119)[+0556]

Copyright© 2010-2021 INASOFT