INASOFT 管理人のひとこと


フリーソフトダウンロードサイト「INASOFT」の管理人 矢吹拓也 が日々の「ひとこと」を語るページです。
2021年1月1日より、旧ブログ(blog.inasoft.org)からお引越ししました。
・INASOFT Webサイト: https://www.inasoft.org/
・管理人のふたこと(長文記事/寄稿文): https://www.inasoft.org/talk/
本業の方のお仕事が再び忙しくなりつつあるので、断続的にしばらく更新が止まることがあります。

目次 | ←前へ / 2018-11-21 00:00 / 次へ→ / 最新へ⇒

■連続風邪引き。最近知った新しい風邪の常識

2018/11/21 0:00:00


RSSRSS配信中

https://www.inasoft.org/








つい最近も風邪をひいたばかりのような気がするのですが、一昨日・昨日と、3歳長男からゴホゴホと吹きかけられまして、見事に風邪をひいたようです。喉が痛くて、偏頭痛がする。測っていないけど、きっと熱がある。

前回の風邪による咳と痰の排出が、まだ終わっていません。終わっていないのに、次の風邪にかかってしまいました。

近年の10月とか11月とかは、だいたいそう。2016年には、この症状が悪化して、蓄膿症にまで発展して、顔面が内側から痛苦なる症状に悩まされましたっけ。

昔は、風邪について色々と誤解をしていました。最近知ったことです。

  • 歳をとると、風邪の後の咳と痰の排出は2週間~8週間くらい普通に続く。
  • 中学生とか高校生になって風邪をひきづらくなるのは、体力が付いたからというよりは、周りに風邪を媒介する人が少なくなることが要因。子どもが生まれて幼稚園に通い出せば、幼稚園経由で普通に風邪に感染しはじめる。
人間には免疫力というものがありますが、いわゆる普通の風邪の症状を起こすウイルスは、世の中に200種類以上いるんだそうで、だいたい毎回違うウイルスにかかるので、毎度毎度風邪をひいてしまうのだそうで。詳細は忘れましたが、たしか、去年くらいに偶然観ていたテレビ番組でそんなようなことを言っていました。

その時に言っていたこととして印象的だったのが、南極では風邪にかかることがない、というもの。

寒さでウイルスが死滅するのかと思ったらそうではなく、そもそも風邪を媒介するような人が圧倒的に少ないので、感染確率が極端に低くなるためなのだとか。

なので、風邪にかかる確率はゼロということではないのでしょうけど、極めて低いということなんでしょうね。




目次 | ←前へ / 2018-11-21 00:00 / 次へ→ / 最新へ⇒


目次の表示:


ブログではないので、コメント機能とトラックバック機能は提供していません。ご質問・ご意見等はメールフィードバックまたはTwitter等からお願いします。いただいたご質問・ご意見などは、この「管理人のひとこと」の記事に追加、あるいは新規の記事にする形で一部または全文をそのまま、あるいは加工させていただいた上で、ご紹介させていただく場合があります。
当サイトでは掲載内容による不具合等に関する責任を持ちません。また、内容の正確性についての保証もありませんので、情報をご利用の際は、利用者の自己責任で確認をお願いします。本ページは公開から1年半後の任意のタイミングで削除される予定です。




2555648 (+0253)[+0539]

Copyright© 2010-2021 INASOFT