INASOFT 管理人のひとこと


フリーソフトダウンロードサイト「INASOFT」の管理人 矢吹拓也 が日々の「ひとこと」を語るページです。
2021年1月1日より、旧ブログ(blog.inasoft.org)からお引越ししました。
・INASOFT Webサイト: https://www.inasoft.org/
・管理人のふたこと(長文記事/寄稿文): https://www.inasoft.org/talk/
本業の方のお仕事が再び忙しくなりつつあるので、断続的にしばらく更新が止まることがあります。

目次 | ←前へ / 2018-08-09 00:00 / 次へ→ / 最新へ⇒

■改めて「未来のミライ」を観に行った話

2018/ 8/ 9 0:00:00


RSSRSS配信中

https://www.inasoft.org/








以前、「未来のミライ」を公開初日に観に行った話を書いたのですが、まぁそろそろ多少のネタバレがあっても良い時期になったかなぁということで、もうちょっと書こうかと思います。

mri20180802.jpg

まぁ、純粋にストーリーが面白いかどうかで尋ねられたなら、「サマーウォーズ」や「バケモノの子」の方が上だよなと答えると思います。

事前の宣伝でも語られているとおり、主人公の男の子クンちゃんは、普通の男の子ですが、なぜかしっぽを付けて犬化して走り回ったりしますし、高校生くらいに登場した妹のミライちゃんは出てきますし。ただ、ストーリー上で「なんでそんな現象が起きるのか?」について、あまり明確にされるわけではなく、それで隠された世界の不思議やらなんやらが明確になるわけでもなく、つまりストーリーなんてのはどうでも良い作品なんじゃないかなぁと思います。(だからたぶん、全体評価は高くならない)

この作品の見所は、細田監督が、自らの子育て体験を参考に作ったという、子育ての苦労に関する描写でしょうか。

前にも書きましたが、電車好き・プラレール好きのクンちゃんは、すぐに床をプラレールだらけにします。おばあちゃんはそれを見て「さっき片付けたはずなのに(また床一面にプラレールが這ってる!)」みたいなことを言うのですが、まさにそれと同じ現象が僕の家でも発生しているので。

で、もう一つ。

実は明日、ディズニー/ピクサー映画の「インクレディブル・ファミリー」を観に行った話に触れようと思っているんですが、たぶん同じような感想を書くことになると思います。

どちらも『男親ががんばって、でも「育児”サポート”の意識」を無意識に持ったまま、子育てに取り組んで多大な痛い目を見る』というシーンが出てくる。

なんか最近、そういう映画が作られるブームでも発生しているのかな?


全体評価が高くならない原因のもう一つは、クンちゃんの声を上白石萌歌さんが演じていることもあるんじゃないかなぁ、と。

主人公だから終始聞こえてくる声になるのですが、小さな男の子を演じるには、あまりに不似合いで。

成長した方のミライちゃんの声を当てていればよかったのに。

上白石萌歌さんは、はなかっぱのOP曲を歌っている方という認識だったんですけどね。

新海誠監督の「君の名は。」で、三葉役を演じた、上白石萌音さんの妹さんとのことで。

どうも、当初は成長したミライちゃんの声を当てるためにオーディションに来たつもりが、細田監督の強い意向で、クンちゃんの声を当てることになったとのことで……でもその強い意向はかなり失敗だったんじゃないか、と。

逆に、福山雅治さんの声は、非常に良かった。

なかなか加点に繋がらない配役かもしれないけど、ここはしっかり評価しておきたい。



目次 | ←前へ / 2018-08-09 00:00 / 次へ→ / 最新へ⇒


目次の表示:


ブログではないので、コメント機能とトラックバック機能は提供していません。ご質問・ご意見等はメールフィードバックまたはTwitter等からお願いします。いただいたご質問・ご意見などは、この「管理人のひとこと」の記事に追加、あるいは新規の記事にする形で一部または全文をそのまま、あるいは加工させていただいた上で、ご紹介させていただく場合があります。
当サイトでは掲載内容による不具合等に関する責任を持ちません。また、内容の正確性についての保証もありませんので、情報をご利用の際は、利用者の自己責任で確認をお願いします。本ページは公開から1年半後の任意のタイミングで削除される予定です。




2560229 (+0084)[+0618]

Copyright© 2010-2021 INASOFT