INASOFT 管理人のひとこと


フリーソフトダウンロードサイト「INASOFT」の管理人 矢吹拓也 が日々の「ひとこと」を語るページです。
2021年1月1日より、旧ブログ(blog.inasoft.org)からお引越ししました。
・INASOFT Webサイト: https://www.inasoft.org/
・管理人のふたこと(長文記事/寄稿文): https://www.inasoft.org/talk/
本業の方のお仕事が再び忙しくなりつつあるので、断続的にしばらく更新が止まることがあります。

目次 | ←前へ / 2018-05-16 00:00 / 次へ→ / 最新へ⇒

■Node-REDを仕込んだ環境にアクセスできなくなってしまった

2018/ 5/16 0:00:00


RSSRSS配信中

https://www.inasoft.org/








昨日、Node-REDにちょっと重い処理(ffmpegによるファイル変換)を仕込んで、タイマ起動させるようにしました。

で、今日、実行状態はどうかな?と覗こうとしたら…、ポート番号1880にアクセスできない。応答が返ってこない。

さらに、2つのタスクが同時実行される時間になっても、2つ目のタスクが実行されない。

1つ目が終わるのを待ってから2つ目が実行されたので、遅延実行。

これはマズイな…。

よくよく調べてみたら、Node-REDの実行はシングルタスクが基本。

2つ目のタイマーは1つ目の処理が終わってから処理開始となる。

ただ、Node-REDの管理画面まで開けなくなっちゃうのは、ちょっとマズイな。

とりあえず、いったんは従来通りのcron+シェルスクリプトによる実行に戻すとして、今後Node-REDを活用していくとした場合は、重い処理がNode-REDの外で実行されるよう、「重い処理の場合、Node-REDはシェルスクリプトをキックするだけの役目に徹する」ような構成に見直さなければならないか。


その場合、1つ目の[inject]でタイマ起動、2つ目に[change]でパラメタの設定、3つ目に非同期にexecして、その後の重い処理を全部行う、みたいな感じになるか。あまりこう、なんというか、Node-REDを使って処理順を記述していくって感じではなくて、単にタイマ起動を(cronではない)グラフィカルなカタチに書けるツールとして活用している感じになるか。



目次 | ←前へ / 2018-05-16 00:00 / 次へ→ / 最新へ⇒


目次の表示:


ブログではないので、コメント機能とトラックバック機能は提供していません。ご質問・ご意見等はメールフィードバックまたはTwitter等からお願いします。いただいたご質問・ご意見などは、この「管理人のひとこと」の記事に追加、あるいは新規の記事にする形で一部または全文をそのまま、あるいは加工させていただいた上で、ご紹介させていただく場合があります。
当サイトでは掲載内容による不具合等に関する責任を持ちません。また、内容の正確性についての保証もありませんので、情報をご利用の際は、利用者の自己責任で確認をお願いします。本ページは公開から1年半後の任意のタイミングで削除される予定です。




2555662 (+0267)[+0539]

Copyright© 2010-2021 INASOFT