INASOFT 管理人のひとこと


フリーソフトダウンロードサイト「INASOFT」の管理人 矢吹拓也 が日々の「ひとこと」を語るページです。
2021年1月1日より、旧ブログ(blog.inasoft.org)からお引越ししました。
・INASOFT Webサイト: https://www.inasoft.org/
・管理人のふたこと(長文記事/寄稿文): https://www.inasoft.org/talk/
本業の方のお仕事が再び忙しくなりつつあるので、断続的にしばらく更新が止まることがあります。

目次 | ←前へ / 2018-02-08 00:25 / 次へ→ / 最新へ⇒

■microSDカードを買う度に、余り続けるSDカード変換アダプタに良い使い道はないものか…?

2018/ 2/ 8 0:25:35


RSSRSS配信中

https://www.inasoft.org/








Raspberry PiのmicroSDカードのバックアップをrpi-cloneで簡単に取得できるという情報を入手しまして、家庭内のあちこちで運用しているRaspberry PiのmicroSDカードのバックアップを取得しておこうかと思いました。

(上記記事内で言及されているとおり、Raspberry PiをGUIで運用していれば「SD Card Coier」という手段が使えるそうですが、私は普段はSSHで接続してばかりなので、rpi-cloneの方が性に合っていまして)

Raspberry Pi本体が壊れただけなら、優先度の低い用途の機体を代替機として家庭内で工面することもできますし、そもそもRaspberry Piそのものは、5000円少々出せば新しい機体を入手できます。しかし、microSDカード内に作成した様々な設定、アプリ、シェルの組合せなどを再現するのは、ちょっとツライですからね。

それにしても、ほぼ1年に渡り、Raspberry Pi内のSDカードが一枚も壊れなかったのは、奇跡だったのかもしれません。

ちなみに、StickPCに入れていたmicroSDカードは、1枚あっさりと壊れたことがありますので、microSDカードの弱さについては知っていますので。

で、バックアップ用のmicroSDカードを買い集めていたら、

54E17BEB-5E63-4C97-BB21-C5064F17B963.jpeg

すげぇ勢いでSDカードの変換アダプタが余り始めました。

そういえば、New Nintendo2DSを買った際、中に入れるSDカードがmicroSDカードに切り替わっておりました。その時もmicroSDカードを新しく購入したのですが、やはり変換アダプタが付属しており、余ったのでした。

今のところ、すべて、「机の引き出しの肥やし」になっているのが実情です。

なにか、有効な使い道って、ないですかね。

メルカリやヤフオクで売り飛ばすとか?

というか、他の人のところでも余っていそうですからね。

だれか、これの有効利用の方法をご存じの方、いませんかね?




目次 | ←前へ / 2018-02-08 00:25 / 次へ→ / 最新へ⇒


目次の表示:


ブログではないので、コメント機能とトラックバック機能は提供していません。ご質問・ご意見等はメールフィードバックまたはTwitter等からお願いします。いただいたご質問・ご意見などは、この「管理人のひとこと」の記事に追加、あるいは新規の記事にする形で一部または全文をそのまま、あるいは加工させていただいた上で、ご紹介させていただく場合があります。
当サイトでは掲載内容による不具合等に関する責任を持ちません。また、内容の正確性についての保証もありませんので、情報をご利用の際は、利用者の自己責任で確認をお願いします。本ページは公開から1年半後の任意のタイミングで削除される予定です。




2561022 (+0169)[+0708]

Copyright© 2010-2021 INASOFT