INASOFT 管理人のひとこと


フリーソフトダウンロードサイト「INASOFT」の管理人 矢吹拓也 が日々の「ひとこと」を語るページです。
2021年1月1日より、旧ブログ(blog.inasoft.org)からお引越ししました。
・INASOFT Webサイト: https://www.inasoft.org/
・管理人のふたこと(長文記事/寄稿文): https://www.inasoft.org/talk/
本業の方のお仕事が再び忙しくなりつつあるので、断続的にしばらく更新が止まることがあります。

目次 | ←前へ / 2015-11-12 00:00 / 次へ→ / 最新へ⇒

■Windows 8.1のスティックPC(MS-NH1)に、Windows 10を入れてみる実験

2015/11/12 0:00:00


RSSRSS配信中

https://www.inasoft.org/








今年の1月に、マウスコンピュータのスティック型PC「m-Stickシリーズ MS-NH1を購入しています。このスティック型PCには、Windows 8.1が入っていたわけなのですが、ネット上の情報を色々と見て回ると、普通にWindows 10へアップグレードできているようなので、こちらでも試してみることにしました。

ネット上の情報によると、

  • アップグレードには4~5時間かかる。時間はかかるが成功する。
  • アップグレード直後は動作が非常にスローになるが、その後、時間が経過すると元の動作速度に戻る。
とのことでした。

この動作状況から見て、MS-NH1が苦手とする「温度上昇」(詳細は上の記事参照)が原因になっているのではないかと推測しました。

というわけで、アップグレードをするにあたり、USB卓上扇風機の風を当てた状態にして実施しました。

すると、2時間程度でアップグレードが完了しました。アップグレード直後に動作がスローになる感じもありません。どうやら、MS-NH1をアップグレードするときには、温度コントロールが必須なようですね。

ファン搭載モデルも発売されているので、ファン音のうるささが気にならないことに自信があれば、ファン搭載モデルを買っておくことをお勧めします。特に動画再生をしたいなら、外部にせよ内蔵にせよ、ファンは必須です。




目次 | ←前へ / 2015-11-12 00:00 / 次へ→ / 最新へ⇒


目次の表示:


ブログではないので、コメント機能とトラックバック機能は提供していません。ご質問・ご意見等はメールフィードバックまたはTwitter等からお願いします。いただいたご質問・ご意見などは、この「管理人のひとこと」の記事に追加、あるいは新規の記事にする形で一部または全文をそのまま、あるいは加工させていただいた上で、ご紹介させていただく場合があります。
当サイトでは掲載内容による不具合等に関する責任を持ちません。また、内容の正確性についての保証もありませんので、情報をご利用の際は、利用者の自己責任で確認をお願いします。本ページは公開から1年半後の任意のタイミングで削除される予定です。




2555671 (+0276)[+0539]

Copyright© 2010-2021 INASOFT