INASOFT 管理人のひとこと


フリーソフトダウンロードサイト「INASOFT」の管理人 矢吹拓也 が日々の「ひとこと」を語るページです。
2021年1月1日より、旧ブログ(blog.inasoft.org)からお引越ししました。
・INASOFT Webサイト: https://www.inasoft.org/
・管理人のふたこと(長文記事/寄稿文): https://www.inasoft.org/talk/
本業の方のお仕事が再び忙しくなりつつあるので、断続的にしばらく更新が止まることがあります。

目次 | ←前へ / 2013-12-24 00:01 / 次へ→ / 最新へ⇒

■我が家のプチクリスマス

2013/12/24 0:01:00


RSSRSS配信中

https://www.inasoft.org/








うちはキリスト教の家というわけではないけれど、多くの日本の一般的な家庭のしきたりと同じように、クリスマスはチキンとケーキを食べておこうということになりました。

というわけで、チキンを買ってこようとしたのですが、あいにく、ケンタッキーでは予約分の購入しかできないと言われてしまいましたので、ファーストキッチンチキンを買いまして、あと、ケーキはスーパーでおつとめ品になっていたものを買ってきまして、我が家のプチクリスマスとしました。


image.jpg

クリスマスに「メリークリスマス」と声を掛け合うのは、日本でも、まあ、一般的な(?)ことになりましたね。僕の小さい頃から、そういう習慣はあったような気がします。
10月末ごろに「ハッピーハロウィン」と声を掛け合うのは、今だに慣れませんが。

もしかしたら、「メリークリスマス」と声を掛け合う習慣も、昔は、この「ハッピーハロウィン」と同様に、慣れないことだった時代もあるのかなぁと、思ってしまいます。
ところで、1月1日はイエス・キリストの割礼の日で、実際の誕生日はその一週間くらい前と予想して、12月25日と定めたんだ、というような話を、高校の頃の社会の先生がおっしゃっておりました。

この話を、以前の「管理人のひとこと」に書いたところ、「まだそんな迷信を信じている人がいたのか」というメールを受け取ったもんで、実際は何なのか知りたかったですが、そこまでは教えてもらえていないですね。実際がなんだったのか、気になるところではあるのですが、まあ、2000年も前の事象に、これが迷信でこれが真実と、決定づけるのも、なんだか難しいことのような気もしますね。

クリスマスに何をすべきかの風習も、結構最近になって決められたとも言いますね。
サンタクロースの衣装を赤くしたのは、コカコーラ社の宣伝のためだったとか聞きますし。
七面鳥を食べる文化が、気軽なケンタッキーに置き換わったのも、明らかに最近のことでしょうし。
子供にプレゼントを送るのはともかく、大人がプレゼントを送り合い、ましてや恋人同士の熱い日になるのも……最近のことなのかもしれません。

まあ、神(の子)の誕生日というお祭りに、屋台が群がっていると思えば、まあ、あることなんだろうなと思います。
夏祭りでも、正月にも、神社にたくさん屋台が来ますし、それの延長のような感じ。
クリスマスに企業が群がる構図、悪くないですね。




目次 | ←前へ / 2013-12-24 00:01 / 次へ→ / 最新へ⇒


目次の表示:


ブログではないので、コメント機能とトラックバック機能は提供していません。ご質問・ご意見等はメールフィードバックまたはTwitter等からお願いします。いただいたご質問・ご意見などは、この「管理人のひとこと」の記事に追加、あるいは新規の記事にする形で一部または全文をそのまま、あるいは加工させていただいた上で、ご紹介させていただく場合があります。
当サイトでは掲載内容による不具合等に関する責任を持ちません。また、内容の正確性についての保証もありませんので、情報をご利用の際は、利用者の自己責任で確認をお願いします。本ページは公開から1年半後の任意のタイミングで削除される予定です。




2554972 (+0116)[+0556]

Copyright© 2010-2021 INASOFT