INASOFT 管理人のひとこと


フリーソフトダウンロードサイト「INASOFT」の管理人 矢吹拓也 が日々の「ひとこと」を語るページです。
2021年1月1日より、旧ブログ(blog.inasoft.org)からお引越ししました。
・INASOFT Webサイト: https://www.inasoft.org/
・管理人のふたこと(長文記事/寄稿文): https://www.inasoft.org/talk/
本業の方のお仕事が再び忙しくなりつつあるので、断続的にしばらく更新が止まることがあります。

目次 | ←前へ / 2013-12-15 00:00 / 次へ→ / 最新へ⇒

■消火スプレーの交換時期

2013/12/15 0:00:00


RSSRSS配信中

https://www.inasoft.org/








台所に配置してあった、油火災等のための消火スプレーの使用期限が、とっくに過ぎていることが判明しました。
image.jpg
2013年1月には期限切れだった。危ない危ない。

というわけで、先日、ネット通販で新しい(同タイプの)消火スプレーを購入しました。
image.jpg
2015年6月まで持つようなので、しばらくは安心。

(この他に、電気火災用の消火スプレーも購入しています。消費期限が残り1年に迫っていたためなのか、とても大安売りしていたので、それを買いました)

さて、問題は、古い消火スプレーの捨て方です。
まさか、未使用のものを、市のゴミ回収日に捨ててしまえるはずはないわけで。
かといって、市の配付している資料を見ると、それはあくまで「使用済み」スプレー缶の捨て方についてしか書いていない。

適切な捨て方って存在するのかなぁと思って調べてみたら、普通にメーカーのページに行けば書いてありました。

なるほど。バケツに向かって出して、下水に流してしまっても構わないわけですね。
(排水溝に流しても良いそうだが、ちょっと、それは避けておきたい)
とはいえ、よくよく考えてみたら、うちにはバケツがないんですね。
バケツって、どこに売っているんだろう? ホームセンターか、あるいは、100円ショップか…。

安いのは100円ショップかなぁと思い、100円ショップに行ってみたら、売っていました。
image.jpg

ちなみに200円(税込み210円)を出すと、もう少し大きいタイプも買えるみたいですね。
とりあえず今回は、100円(税込み105円)のタイプのものにしました。

これで準備が整った。後日、実際に消火スプレーの中身を捨ててみたいと思います。

ところで後から見つけたのですが、消火スプレーの中身を出し切るには、ゴミ袋に向かって噴射するって手もあるみたいですね。




目次 | ←前へ / 2013-12-15 00:00 / 次へ→ / 最新へ⇒


目次の表示:


ブログではないので、コメント機能とトラックバック機能は提供していません。ご質問・ご意見等はメールフィードバックまたはTwitter等からお願いします。いただいたご質問・ご意見などは、この「管理人のひとこと」の記事に追加、あるいは新規の記事にする形で一部または全文をそのまま、あるいは加工させていただいた上で、ご紹介させていただく場合があります。
当サイトでは掲載内容による不具合等に関する責任を持ちません。また、内容の正確性についての保証もありませんので、情報をご利用の際は、利用者の自己責任で確認をお願いします。本ページは公開から1年半後の任意のタイミングで削除される予定です。




2557245 (+0056)[+0622]

Copyright© 2010-2021 INASOFT