INASOFT 管理人のひとこと


フリーソフトダウンロードサイト「INASOFT」の管理人 矢吹拓也 が日々の「ひとこと」を語るページです。
2021年1月1日より、旧ブログ(blog.inasoft.org)からお引越ししました。
・INASOFT Webサイト: https://www.inasoft.org/
・管理人のふたこと(長文記事/寄稿文): https://www.inasoft.org/talk/
本業の方のお仕事が再び忙しくなりつつあるので、断続的にしばらく更新が止まることがあります。

目次 | ←前へ / 2013-09-10 00:00 / 次へ→ / 最新へ⇒

■光の速さってどうやって測るんだか

2013/ 9/10 0:00:00


RSSRSS配信中

https://www.inasoft.org/








昔から、秒速30万キロメートルもの、バカみたいに速いものをどうやって測るんだか、気になっていました。

今でこそ、光は一秒間に地球を7周半も回ってしまうことは、よく知られていることですが、ずっと以前の時代は、どうやって測ったんでしょうか。

十分に速度の遅いものなら、2点間の距離を測っておいて、2点の間を通る時間を測れば、距離÷時間で速度が求まるんでしょうけど。

光ほど速く、人間の認識が追い付かないものをどうやったら測れるんだか、気になっていました。

今はインターネットでググれば、大抵の答えは出てきてしまうんですね。というわけで、光の速度の測り方を、ググって調べてみました。

どうやら最初は、木星と地球間の距離を使って測る試みがあったらしいですね。

地球と木星間の距離は近いときと遠いときがあります。となると、木星から地球に届く光にも速いときと遅いときがあります。

これらの二種類の木星と地球間の距離がわかっていれば、何かのタイミング………、木星がその衛星と食を起こす時のタイミングに違いで、光の届く速度の差がわかり、そこから光の速度も割り出せるんだとか。

現在では、技術が進歩し、もっと効率よく正確な速度を割り出す方法がありますが、当時としては画期的な方法だったのでしょうね。

ちなみに今度は、地球と木星間の距離をどうやって求めたのか、気になりました。
今度また、ググってみます。




目次 | ←前へ / 2013-09-10 00:00 / 次へ→ / 最新へ⇒


目次の表示:


ブログではないので、コメント機能とトラックバック機能は提供していません。ご質問・ご意見等はメールフィードバックまたはTwitter等からお願いします。いただいたご質問・ご意見などは、この「管理人のひとこと」の記事に追加、あるいは新規の記事にする形で一部または全文をそのまま、あるいは加工させていただいた上で、ご紹介させていただく場合があります。
当サイトでは掲載内容による不具合等に関する責任を持ちません。また、内容の正確性についての保証もありませんので、情報をご利用の際は、利用者の自己責任で確認をお願いします。本ページは公開から1年半後の任意のタイミングで削除される予定です。




2557247 (+0058)[+0622]

Copyright© 2010-2021 INASOFT