INASOFT 管理人のひとこと


フリーソフトダウンロードサイト「INASOFT」の管理人 矢吹拓也 が日々の「ひとこと」を語るページです。
2021年1月1日より、旧ブログ(blog.inasoft.org)からお引越ししました。
・INASOFT Webサイト: https://www.inasoft.org/
・管理人のふたこと(長文記事/寄稿文): https://www.inasoft.org/talk/
本業の方のお仕事が再び忙しくなりつつあるので、断続的にしばらく更新が止まることがあります。

目次 | ←前へ / 2012-12-17 00:01 / 次へ→ / 最新へ⇒

■一円の本を買ったんだけど、騙されていないよね?

2012/12/17 0:01:07


RSSRSS配信中

https://www.inasoft.org/








先日、Amazonのマーケットプレイスで、1円の中古の本を購入しました。
購入に当たっては、すごく不安になりましてね。
絶対に騙されているんじゃないか、と。

だって、1円ですからね。
安いモノには絶対に裏があるはずで、それを知らないでいたら、絶対に馬鹿みたいなめに会うに決まっていますからね。
なんのカラクリもなく1円というのは、絶対にありえない。

というわけで、ググって調べて見ました。
どうやら、同じようなことを疑問に思って調べている人は多数いる様子。

それによると、どうやら次のようなカラクリがあるようです。

・数多く売ることにより、Amazonに支払う出店手数料を免除される契約を採用している。
・売値は1円だけれど、送料&手数料で250円支払っている。
・メール便などの安価な送付手段を使っているため、実際の送料は190円程度しかかかっていない。

というわけで、上記の場合は61円程度の儲けが、出品者側に支払われている計算になるわけですね。
それでも十分安いわけですが。
しかしまぁ、これで、安心して買う決断ができるってもんです。

しかし、Amazonもあれですね。こういうカラクリをキチンと表示した方が、みんな安心して買い物をすると思うんですけど、どうなんでしょうね。
僕の場合、安すぎる裏には絶対に詐欺があると、そう思っててしまう癖があるし、そういう人は多いと思うので、そうした方が良いと思うんですけどね。

どうなんでしょう。




目次 | ←前へ / 2012-12-17 00:01 / 次へ→ / 最新へ⇒


目次の表示:


ブログではないので、コメント機能とトラックバック機能は提供していません。ご質問・ご意見等はメールフィードバックまたはTwitter等からお願いします。いただいたご質問・ご意見などは、この「管理人のひとこと」の記事に追加、あるいは新規の記事にする形で一部または全文をそのまま、あるいは加工させていただいた上で、ご紹介させていただく場合があります。
当サイトでは掲載内容による不具合等に関する責任を持ちません。また、内容の正確性についての保証もありませんので、情報をご利用の際は、利用者の自己責任で確認をお願いします。本ページは公開から1年半後の任意のタイミングで削除される予定です。




2554464 (+0164)[+0573]

Copyright© 2010-2021 INASOFT