INASOFT 管理人のひとこと


フリーソフトダウンロードサイト「INASOFT」の管理人 矢吹拓也 が日々の「ひとこと」を語るページです。
2021年1月1日より、旧ブログ(blog.inasoft.org)からお引越ししました。
・INASOFT Webサイト: https://www.inasoft.org/
・管理人のふたこと(長文記事/寄稿文): https://www.inasoft.org/talk/
本業の方のお仕事が再び忙しくなりつつあるので、断続的にしばらく更新が止まることがあります。

目次 | ←前へ / 2012-12-02 01:07 / 次へ→ / 最新へ⇒

■自分の人生がたった数文字に略されるとしたら

2012/12/ 2 1:07:17


RSSRSS配信中

https://www.inasoft.org/








テレビのニュースとかで、良いニュースでも悪いニュースでもそうですが、その人物のことを短い単語で表すことがあります。
以前見かけたニュースでは、金銭目的で殺害された女性について「資産家の妻」と表現しているものがあって、なるほど、その夫の人生を短い単語で表すと「資産家」という3文字なんだなと思うと、なんというか、そんな感じなんですね。

その他、誘拐事件で誘拐された女の子について「会社員の長女」と表現されたりとか、僕自身が救急車で運ばれたとき、ご職業は「会社員」で通じたりとか。
僕の今の人生を短い単語で表すと、「会社員」ってことで、社会一般的には通じるわけですよね。僕のことを3文字で表すなら、「会社員」という属性、と。


同じようなものに、ドラクエのキャラクターの職業欄があります。
ドラクエ3では、「せんし」とか「そうりょ」とか「まほうつかい」とか。

そういや、主人公だけは「ゆうしゃ」という職業です。「勇者」って何でしょう。
剣が強くて「戦士」、回復呪文が使えて「僧侶」、攻撃呪文が使えて「魔法使い」、金銭を集める才能があって「商人」、素手の攻撃が強くて「武闘家」とか、色々あるわけですが、
勇気があって「勇者」というのは、これはなかなか、その人物の人生を示す言葉としては、なんとなく曖昧って感じが。

勇者じゃなくても、勇気を持って戦っていますしね。どちらかというと、冒険パーティのリーダーとか、マネージャ(管理者)みたいな意味合いの方が強いかもしれません。

そういえば、ドラクエⅤでは、主人公自身が勇者ではなく、息子が勇者であるということもあり、主人公のことを表す職業欄(?)は「ゆうしゃのちちおや」(勇者の父親)なんですね。
これ、当初は、ひどい扱いだなぁと思ったんですけど、今思いますに、ある意味、呼ばれる本人としては、鼻高々なうれしい呼び名な気がしています。

うん。ウキウキ。




目次 | ←前へ / 2012-12-02 01:07 / 次へ→ / 最新へ⇒


目次の表示:


ブログではないので、コメント機能とトラックバック機能は提供していません。ご質問・ご意見等はメールフィードバックまたはTwitter等からお願いします。いただいたご質問・ご意見などは、この「管理人のひとこと」の記事に追加、あるいは新規の記事にする形で一部または全文をそのまま、あるいは加工させていただいた上で、ご紹介させていただく場合があります。
当サイトでは掲載内容による不具合等に関する責任を持ちません。また、内容の正確性についての保証もありませんので、情報をご利用の際は、利用者の自己責任で確認をお願いします。本ページは公開から1年半後の任意のタイミングで削除される予定です。




2554231 (+0504)[+0601]

Copyright© 2010-2021 INASOFT