INASOFT 管理人のひとこと


フリーソフトダウンロードサイト「INASOFT」の管理人 矢吹拓也 が日々の「ひとこと」を語るページです。
2021年1月1日より、旧ブログ(blog.inasoft.org)からお引越ししました。
・INASOFT Webサイト: https://www.inasoft.org/
・管理人のふたこと(長文記事/寄稿文): https://www.inasoft.org/talk/
本業の方のお仕事が再び忙しくなりつつあるので、断続的にしばらく更新が止まることがあります。

目次 | ←前へ / 2012-12-03 23:11 / 次へ→ / 最新へ⇒

■人間相手のバウリンガル

2012/12/ 3 23:11:36


RSSRSS配信中

https://www.inasoft.org/








犬の言葉を翻訳してくれる「バウリンガル」ってのが、ありましたね。
けっこう画期的な商品として紹介されていて、以前、トリビアの泉で「忠犬ハチ公の声が録音されたテープがある」という紹介がされている中で、その再生音声にバウリンガルを向けたら「さびしいよぉ」という文字が表示されて、さすがだなと思ったことがあります。

同じように、意思を汲み取りたいけど汲み取りにくい相手として、赤ちゃんがいます。
赤ちゃんは様々な意図のアピールを「泣くこと」で表現しようとしますが、受け取る大人はそれを理解することができません。
「赤ちゃんリンガル」みたいなのはないかなぁと思って探してみたら……iPhoneアプリとかで、けっこう出てくるんですね。

というわけで、さっそくダウンロードして使ってみることにしました。
検索して最初にヒットしたヤツで。

とりあえず、以前に録音しておいた赤ちゃんの声を、そのアプリに聞かせてみたところ……「雑音が多くて判別できない」との判定が。
こりゃダメだなぁと思い、次は、実際に泣いている赤ちゃん(生後5日目)に向けてみることにしました……が、泣いて欲しいときに、なかなか泣いてくれません。
困り果てて2時間ほど経過したところで、ようやく泣いてくれたので、早速、アプリに聞かせてみることにしました。

(ちなみに、時間的に考えて、あからさまに「お腹が空いたよ」のサインであることはわかっているのですが、いちおう)

すると、いきなり「退屈」の文字が。

あれれ?と思い、続けざまにもう一度聞かせてみると、今度は「お腹が空いた」の文字。
おやおやと思い、続けざまにもう一度聞かせると、「不満」の文字。

う~ん、どれだよ……。

これ、まさか、適当にランダムに文字を出しているわけじゃないだろうなぁ。
たしかに、そんなbot的な作りをしていても、おかしくないだろうし。

う~む。





目次 | ←前へ / 2012-12-03 23:11 / 次へ→ / 最新へ⇒


目次の表示:


ブログではないので、コメント機能とトラックバック機能は提供していません。ご質問・ご意見等はメールフィードバックまたはTwitter等からお願いします。いただいたご質問・ご意見などは、この「管理人のひとこと」の記事に追加、あるいは新規の記事にする形で一部または全文をそのまま、あるいは加工させていただいた上で、ご紹介させていただく場合があります。
当サイトでは掲載内容による不具合等に関する責任を持ちません。また、内容の正確性についての保証もありませんので、情報をご利用の際は、利用者の自己責任で確認をお願いします。本ページは公開から1年半後の任意のタイミングで削除される予定です。




2555412 (+0017)[+0539]

Copyright© 2010-2021 INASOFT