INASOFT 管理人のひとこと


フリーソフトダウンロードサイト「INASOFT」の管理人 矢吹拓也 が日々の「ひとこと」を語るページです。
2021年1月1日より、旧ブログ(blog.inasoft.org)からお引越ししました。
・INASOFT Webサイト: https://www.inasoft.org/
・管理人のふたこと(長文記事/寄稿文): https://www.inasoft.org/talk/
本業の方のお仕事が再び忙しくなりつつあるので、断続的にしばらく更新が止まることがあります。

目次 | ←前へ / 2012-03-11 00:04 / 次へ→ / 最新へ⇒

■クリップボード関連プログラムの一斉更新

2012/ 3/11 0:04:34


RSSRSS配信中

https://www.inasoft.org/








昨日は、下記のソフトの更新を行っています。

  • いじくるつくーる ver.7.73.01α
  • ListView to CSV ver.2.21.01α
  • すっきり!! デフラグ ver.4.78.01α
  • コピペテキスト修飾除去 ver.1.25α
  • マウスのお供 ver.1.51α

https://www.inasoft.org/

これらのソフトに共通することは、何かしらの機能で「クリップボードへのコピー」を行っていることです。

クリップボードへコピーを行う場合、プログラムの動きとしては、「グローバルメモリ」という場所を必要分確保した後、コピーしたい内容を格納して、システムに引き渡します。このとき、メモリの所有権はシステムに移るので、このメモリをプログラム側から解放することは禁じられています。

(MSDN日本語版の記述は非常に曖昧で、クリップボードを閉じればプログラム側で解放する必要が生じそうなことが書いてあります。しかし実際のところ、クリップボード格納後にプログラム側から解放してしまうと、貼付け先のプログラムの動作が不安定になることがあるため、おそらく、プログラム側での解放は行ってはいけないのでしょう)

というわけで、プログラム側ではグローバルメモリの解放を行っていないのですが、このとき、クリップボードへのコピーが成功するかしないかに関わらず、グローバルメモリの解放を行わないようにしているため、何らかの理由でクリップボードへのコピーが失敗した場合、グローバルメモリのメモリリークが発生することになります。これは非常によろしくないため、今回の一斉修正に踏み切りました。

なお、どのソフトも Visual Studio 2010でのお試しビルドを行っています。従って、対応OSは、Windows XP/Vista/7 のみであり、Windows 2000以下への対応は行っていません。Windows 8への対応は、引続き試験中です。





目次 | ←前へ / 2012-03-11 00:04 / 次へ→ / 最新へ⇒


目次の表示:


ブログではないので、コメント機能とトラックバック機能は提供していません。ご質問・ご意見等はメールフィードバックまたはTwitter等からお願いします。いただいたご質問・ご意見などは、この「管理人のひとこと」の記事に追加、あるいは新規の記事にする形で一部または全文をそのまま、あるいは加工させていただいた上で、ご紹介させていただく場合があります。
当サイトでは掲載内容による不具合等に関する責任を持ちません。また、内容の正確性についての保証もありませんので、情報をご利用の際は、利用者の自己責任で確認をお願いします。本ページは公開から1年半後の任意のタイミングで削除される予定です。




2555364 (+0508)[+0556]

Copyright© 2010-2021 INASOFT