INASOFT 管理人のひとこと


フリーソフトダウンロードサイト「INASOFT」の管理人 矢吹拓也 が日々の「ひとこと」を語るページです。
2021年1月1日より、旧ブログ(blog.inasoft.org)からお引越ししました。
・INASOFT Webサイト: https://www.inasoft.org/
・管理人のふたこと(長文記事/寄稿文): https://www.inasoft.org/talk/
本業の方のお仕事が再び忙しくなりつつあるので、断続的にしばらく更新が止まることがあります。

目次 | ←前へ / 2011-11-28 00:01 / 次へ→ / 最新へ⇒

■多チャンネルテレビの存在意義

2011/11/28 0:01:25


RSSRSS配信中

https://www.inasoft.org/








我が家では去年4月の新居引越し以来、ケーブルテレビに加入し、多チャンネル放送を受信している。

理由としては、フジテレビTWOで放送中の番組「ゲームセンターCX」が見たいためだ。

もちろん、インターネット回線や固定電話回線と同時加入で割安なプランを選択したかったとか、そもそもアパート住まいでケーブル回線はデフォルトで存在していたから申し込んだ方が面倒が少ないとか、他にも色々理由はあるわけだが、とにかくゲームセンターCXが見たかったのが一番の理由であることは確かである。

が、それは本題ではないので、置いておいて…。

僕は昔から、テレビは究極の娯楽であるべきと考えている。僕にとって最大の娯楽とはボーっとすることであり、とにかくヒマがあれば、家の中でなら、口を開けてボーッとしていられたら至福の喜びである。

テレビの、特にバラエティ番組ならば、何も考えずとも、口を開けてボーッとしているだけで、面白い内容が目や耳から入ってきて面白いならそれでよい。そこからアクションを起こすとか面倒。

だから難解な内容の番組とか、見ていて悲しくなるドラマとか、見ていてソワソワしてくるような芸人同士を戦わせてトップを競う番組とか、そういうのは見ていたいとは思わないのだが、ソレはソレで本題ではないので置いておいて…。

とにかく、一方的な情報受信で気持ちよくなれればそれで良いと思っている。

これと真逆なのがインターネットだ。基本、こちらからアクションを起こし、情報が入ってきたらそこに対してまたアクションを起こすということの繰り返しが基本。このブログだってそう。TwitterやFacebookだってそう。相互通信が基本であるところのインターネットは、とにかくこちらからのアクションが必要なのだ。

インターネットの魅力はそこにあると思うし、経済の発展・人と人が掛け合って面白さが倍増していく仕組みには感銘を受けるが、最大の娯楽として僕の心を満たせるかどうかとなると、また話は別になる。

パソコンの前に心が安まらない。インターネットではアクションを起こさないといけないし、相手からの言動はリアルタイムみたいなものだから、こちらの心が荒むこともあるかも知れない。

口をボーッと開けて楽しんでいることなど出来はしない。

そういう意味では、僕の中での娯楽としては、インターネットよりもテレビの方が上回っている部分があるかな、と思っている。

だから、テレビに双方向通信機能を付けて、紅白歌合戦に視聴者投票をさせようとかいう試みはジャマだ。あんなの要らない。まぁ、投票なんかしなければいいんだけどね。

で、多チャンネル放送を見ていて悩むのが選局である。何十もある局・番組から一つを選択すること。これは苦痛である。とても、ボーっとしていて出来るものじゃない。

というわけで、チャンネルの多様化は、僕にとっての娯楽を妨げるものとなっている。結局、キー局とフジテレビTWOしか見ない生活を送っているわけだが……。まぁいいじゃない。





目次 | ←前へ / 2011-11-28 00:01 / 次へ→ / 最新へ⇒


目次の表示:


ブログではないので、コメント機能とトラックバック機能は提供していません。ご質問・ご意見等はメールフィードバックまたはTwitter等からお願いします。いただいたご質問・ご意見などは、この「管理人のひとこと」の記事に追加、あるいは新規の記事にする形で一部または全文をそのまま、あるいは加工させていただいた上で、ご紹介させていただく場合があります。
当サイトでは掲載内容による不具合等に関する責任を持ちません。また、内容の正確性についての保証もありませんので、情報をご利用の際は、利用者の自己責任で確認をお願いします。本ページは公開から1年半後の任意のタイミングで削除される予定です。




2557513 (+0324)[+0622]

Copyright© 2010-2021 INASOFT