INASOFT 管理人のひとこと


フリーソフトダウンロードサイト「INASOFT」の管理人 矢吹拓也 が日々の「ひとこと」を語るページです。
2021年1月1日より、旧ブログ(blog.inasoft.org)からお引越ししました。
・INASOFT Webサイト: https://www.inasoft.org/
・管理人のふたこと(長文記事/寄稿文): https://www.inasoft.org/talk/
本業の方のお仕事が再び忙しくなりつつあるので、断続的にしばらく更新が止まることがあります。

目次 | ←前へ / 2011-09-17 00:01 / 次へ→ / 最新へ⇒

■ひょんなことからAKB

2011/ 9/17 0:01:26


RSSRSS配信中

https://www.inasoft.org/








 なんだか、自宅のマウスが勝手にマウスクリックしてしまいます。

 

  DELLのPCを買ったときから使い続けているので、もう1年10ヶ月使っていることになるでしょうか。さすがにそろそろ、買い換え時なのかもしれません。早いな…。

 

  さて、会社で、AKB48のCDをもらいました。

 

  いきなりです。何の前触れもなく。

 

 

 

  もらったのは「フライングゲット」。これをくれた人は、AKB48の握手券を目当てで大量申込・大量購入したんだそうで、……正確には覚えていませんが、結果的に65枚くらい購入したとか言っていたかな。1枚1000円らしいので、ざっと65,000円の投資ってことになるでしょうか。すげぇな。

 

  しかしこの世の中、デジタルデータならば簡単にコピーされまくってしまい、CDの売り上げが減少しまくっている世の中ですよ。

 

  (っていうか、人々の興味は携帯コンテンツに向かっていることもあって、CDの売り上げが減っているんでしたっけ。まぁどっちでもいいや)

 

  いわゆるAKB商法というメソッドは、確実にCDを売っているというわけですね。CDの中身はデジタルコピーできてしまっても、握手会はデジタルコピーできませんからね。

 

  アナログな形で付加価値をつけるというのは、デジタルコピー文化を超えるためには有効な手段かもしれません。

 

  しかも、一人で65枚を買っちゃうなんて、売り上げも65倍なわけですな。

 

  CDの売り上げが増えるというのは、もう一つ利点があります。

 

  一昔前の人には「握手会の券が数百万枚売れた!」というよりも「CDが数百万枚売れた!」と伝えた方が、ガツーンと効果的に効くんですね。

 

  今はCDの売り上げよりも、カラオケやダウンロードコンテンツ(着うた等)の方が有効なコンテンツなはずなんですが、やはりなんというか、過去の尺度の方が効く人ってのはどうしてもいるわけで。

 

  う~ん、INASOFTでもアナログな付加価値とか付けられないかなぁ。

 

  握手会でも開くかwww




目次 | ←前へ / 2011-09-17 00:01 / 次へ→ / 最新へ⇒


目次の表示:


ブログではないので、コメント機能とトラックバック機能は提供していません。ご質問・ご意見等はメールフィードバックまたはTwitter等からお願いします。いただいたご質問・ご意見などは、この「管理人のひとこと」の記事に追加、あるいは新規の記事にする形で一部または全文をそのまま、あるいは加工させていただいた上で、ご紹介させていただく場合があります。
当サイトでは掲載内容による不具合等に関する責任を持ちません。また、内容の正確性についての保証もありませんので、情報をご利用の際は、利用者の自己責任で確認をお願いします。本ページは公開から1年半後の任意のタイミングで削除される予定です。




2560224 (+0079)[+0618]

Copyright© 2010-2021 INASOFT