INASOFT 管理人のひとこと


フリーソフトダウンロードサイト「INASOFT」の管理人 矢吹拓也 が日々の「ひとこと」を語るページです。
2021年1月1日より、旧ブログ(blog.inasoft.org)からお引越ししました。
・INASOFT Webサイト: https://www.inasoft.org/
・管理人のふたこと(長文記事/寄稿文): https://www.inasoft.org/talk/
本業の方のお仕事が再び忙しくなりつつあるので、断続的にしばらく更新が止まることがあります。

目次 | ←前へ / 2011-02-23 01:18 / 次へ→ / 最新へ⇒

■NumLockLock更新のお知らせ

2011/ 2/23 1:18:11


RSSRSS配信中

https://www.inasoft.org/








 NumLockLockの更新をしています。

  https://www.inasoft.org/

 

  今回は、以前よりユーザーから要望のあった、Insertキーのブロック機能の実装を行いました。

 

  Insertキーは、トグル(押下状態のON/OFFをOSが管理している)ではないため、本ソフトが監視を行うことはできません。

 

 

  というか、Insertキーというのは、それに対応したアプリケーションが内部状態でもって挿入/上書きモードを決めているため、本ソフトでは立ち入れるものではないんですね。

 

  代わりに何をするかというと、DLLでもって全プロセスのキーボードイベントをフックし、Insertキーが押されたことを感知した場合は、プロセスへInsertキーが押下されたことを伝えないようにします。

  これにより、Insertキーのブロックを実現し、間接的に挿入/上書きモードの変更が行われないようにしよう、というわけですね。

  実は、この機能を要望されたとき、F1Breakerというソフトを使ってくれ、という返信をしていたんです。

  ところが、このソフトはかなり古い上に使い方も複雑なので、さすがにそろそろご紹介するようなものでもなくなってきたなぁ…というわけで。今回対応することにしてみました。

 

  なお、当然のことながら、「キーボードイベント」に寄らないでキーの押下状態の感知を行っているアプリケーションや、本ソフトよりも高い優先度でキーボードイベントを受け取ろうとするアプリケーションについては、残念ながら本ソフトの対応範囲を超えておりますので、対応できません。

 

  まぁ、具体的にどんなソフトがそれに該当するのか…というのを挙げるのは難しいですけどね。

 

  それから、キーボードイベントのフックは、動作プログラムの権限上、ユーザーアカウント制御(UAC)が有効になっている場合に、上手く動かなくなることがありますので、ご注意いただければと思います。




目次 | ←前へ / 2011-02-23 01:18 / 次へ→ / 最新へ⇒


目次の表示:


ブログではないので、コメント機能とトラックバック機能は提供していません。ご質問・ご意見等はメールフィードバックまたはTwitter等からお願いします。いただいたご質問・ご意見などは、この「管理人のひとこと」の記事に追加、あるいは新規の記事にする形で一部または全文をそのまま、あるいは加工させていただいた上で、ご紹介させていただく場合があります。
当サイトでは掲載内容による不具合等に関する責任を持ちません。また、内容の正確性についての保証もありませんので、情報をご利用の際は、利用者の自己責任で確認をお願いします。本ページは公開から1年半後の任意のタイミングで削除される予定です。




2554283 (+0556)[+0601]

Copyright© 2010-2021 INASOFT