INASOFT 管理人のひとこと


フリーソフトダウンロードサイト「INASOFT」の管理人 矢吹拓也 が日々の「ひとこと」を語るページです。
2021年1月1日より、旧ブログ(blog.inasoft.org)からお引越ししました。
・INASOFT Webサイト: https://www.inasoft.org/
・管理人のふたこと(長文記事/寄稿文): https://www.inasoft.org/talk/
2022年7月下旬より再び本業多忙化してきているため、更新頻度は落ちます。 [2022/7/24 19:32]

目次 | ←前へ / 2024-06-11 00:00 / 次へ→ / 最新へ⇒

■「時間はなぜ戻らないんだろう?」と考えるときに、暗黙的に考えてしまっている前提

2024年 6月11日(火) 0:00:00



RSSRSS配信中
https://www.inasoft.org/



時間が未来方向にしか進まない(時間の矢が一方通行になっている)理由について、熱力学とか量子力学で説明を試みるという記事を読んで、SF映画に出てくるようなシチュエーションとか、タイムマシンの実現性とかを妄想してワクワクしたりします。

ただ、「時間はなぜ戻らないんだろう?」と考えるとき、シュタインズ・ゲートの主人公に出てきそうな前提「俺の記憶を保ったまま」とか、あるいは「目の前のPCの記憶装置の中身を保ったまま」「解き終わった夏休みの宿題を保ったまま」時間を戻すという、これは時間を戻すけど、これは時間を戻さない…といったような、恣意的な選択をしようとしているんですよね。

時間停止系も同様。主人公など、誰かしら観測者が存在していて、その人だけは記憶の流れが進む。

そう考えると、現実的には「実は時間はに戻ることもあるけど、全部戻るから、記録は戻るし、記憶は忘れてるから気づけない」とかになっちゃうんでしょうかね。

そうならば、時間を戻すというよりは、タイムマシン・ワームホールによるタイムトラベルに期待したい。
⏲



目次 | ←前へ / 2024-06-11 00:00 / 次へ→ / 最新へ⇒


目次の表示:


ブログではないので、コメント機能とトラックバック機能は提供していません。ご質問・ご意見等はメールフィードバックまたはTwitter等からお願いします。いただいたご質問・ご意見などは、この「管理人のひとこと」の記事に追加、あるいは新規の記事にする形で一部または全文をそのまま、あるいは加工させていただいた上で、ご紹介させていただく場合があります。
当サイトでは掲載内容による不具合等に関する責任を持ちません。また、内容の正確性についての保証もありませんので、情報をご利用の際は、利用者の自己責任で確認をお願いします。本ページは公開から1年半後の任意のタイミングで削除される予定です。


- 最近の更新 -



3154736 (+0388)[+0394]

Copyright© 2010-2024 INASOFT