INASOFT 管理人のひとこと


フリーソフトダウンロードサイト「INASOFT」の管理人 矢吹拓也 が日々の「ひとこと」を語るページです。
2021年1月1日より、旧ブログ(blog.inasoft.org)からお引越ししました。
・INASOFT Webサイト: https://www.inasoft.org/
・管理人のふたこと(長文記事/寄稿文): https://www.inasoft.org/talk/
2022年7月下旬より再び本業多忙化してきているため、更新頻度は落ちます。 [2022/7/24 19:32]

目次 | ←前へ / 2023-09-05 00:00 / 次へ→ / 最新へ⇒

■本当のはお盆の時期に書きたかったんですけどね。中学生の頃によくかかっていた金縛りのことを思い出した

2023年 9月 5日(火) 0:00:00



RSSRSS配信中
https://www.inasoft.org/



お盆頃にネタ集めをしていたので、お盆的なネタも混ぜようとしていました。例えば最近、Raspberry Piをいじることが多くなってきたので、Raspberry Piで精霊馬を作って、壊れたSDカードの魂が戻ってくる儀式をやってます、とか。


▲Raspberry Piで精霊馬

まぁ、このネタはTwitter…じゃなくてXに投稿したんですけどね。

それはさておき。

そういえば、中学の頃、実家の居間のテーブル(こたつにもなる)でうつ伏せで寝ていると、よく、金縛りに遭っていたことを思い出しました。

この場所で、うつ伏せで寝ていて金縛りにあうと、居間の天井付近から、なにか、禍々しい悪魔の様な者の気配がしてきて、体の中に入り込んでこようとする感覚になります。

それに必死に抗い、金縛りになっているので起きることもできず、目も空けられず、心の中でだけ苦しむのですが、起きるときれいさっぱりそんなことがあったなんて忘れてしまい、また後日そこで寝て、同じ目に遭うのです。金縛りになると、前にも同じことがあったことを思い出します。

そんなことを、今になって思い出しました。

高校生になってからは、金縛りに遭うこともなくなり、あれは思春期特有の何かだったのかな?と思ったりすることもありました。その後は、寝不足だったりストレスだったりで、場所は関係なく金縛りに遭うこともありましたっけなぁ。



目次 | ←前へ / 2023-09-05 00:00 / 次へ→ / 最新へ⇒


目次の表示:


ブログではないので、コメント機能とトラックバック機能は提供していません。ご質問・ご意見等はメールフィードバックまたはTwitter等からお願いします。いただいたご質問・ご意見などは、この「管理人のひとこと」の記事に追加、あるいは新規の記事にする形で一部または全文をそのまま、あるいは加工させていただいた上で、ご紹介させていただく場合があります。
当サイトでは掲載内容による不具合等に関する責任を持ちません。また、内容の正確性についての保証もありませんので、情報をご利用の際は、利用者の自己責任で確認をお願いします。本ページは公開から1年半後の任意のタイミングで削除される予定です。


- 最近の更新 -



3126716 (+1071)[+0736]

Copyright© 2010-2024 INASOFT