INASOFT 管理人のひとこと


フリーソフトダウンロードサイト「INASOFT」の管理人 矢吹拓也 が日々の「ひとこと」を語るページです。
2021年1月1日より、旧ブログ(blog.inasoft.org)からお引越ししました。
・INASOFT Webサイト: https://www.inasoft.org/
・管理人のふたこと(長文記事/寄稿文): https://www.inasoft.org/talk/
2022年7月下旬より再び本業多忙化してきているため、更新頻度は落ちます。 [2022/7/24 19:32]

目次 | ←前へ / 2022-08-24 00:00 / 次へ→ / 最新へ⇒

■個人が暴走して引き起こされる悲惨な事件を観た時、そんな人との『距離』を考えてしまう

2022年 8月24日(水) 0:00:00



RSSRSS配信中
https://www.inasoft.org/



少し前に発生した元首相銃撃事件といい、秋葉原での車を使った凄惨な事件といい、相模原の凄惨な事件といい、アニメスタジオ放火の事件といい、世の中を騒がせるような、個人の暴走が原因で引き起こされる悲惨な事件を観た時。

そういった事件を引き起こすような人が身近にいるかどうか?とか、いつでも無差別に起きうるのなら、自分はどれだけ安全圏にいるのか?みたいなことを考えてしまうことがあります。

実は、Twitter上で似たようなことを考えているというツイートを見かけて、自分でも考えてしまっているなぁと、思わされたことがありました。

自分の場合、それと共に、「自分が加害者側となって、暴走してしまう状況になっていないか?」を、心配してしまうことがあります。

2012年の例の事件が起きた時、いわゆる「無敵な人」とまでは行かないまでも、趣味を潰され、かなり落ち込み、自暴自棄になっていた時期がありました。もし、あの時の精神状態がもう少しおかしくなっていたならば、世の中を騒がせるような悲惨な事件の加害者になっていなかったか?と思ってしまうことがあります。

具体的には、トレンドマイクロ社のビルが新宿にあるので、そこの1階(誰でも入れるエリア)に入り込んで、灯油をまいて火をつけてしまうような暴走に至らずに済んだ理由って、なんなんだろうな?と思ってしまうことがあります。

おそらく、心が暴走してしまえば、善悪とか一般常識とか、そういうものも吹っ飛んでしまうことでしょう。

将来的に許されるかとか、どう罰せられるかとか、それによって世の中がどう動くかとか、そういったことはすべて度外視して、ただただ天誅を下すべく行動してしまうことでしょう。

幸い、自分はそうならなかったですが。そうなるかもしれないタネは、あちこちに転がっているかもしれない。

そう考えると、自分がこういう悲惨な事件の被害者になってしまう可能性も、案外高かったりするのでしょうか。



目次 | ←前へ / 2022-08-24 00:00 / 次へ→ / 最新へ⇒


目次の表示:


ブログではないので、コメント機能とトラックバック機能は提供していません。ご質問・ご意見等はメールフィードバックまたはTwitter等からお願いします。いただいたご質問・ご意見などは、この「管理人のひとこと」の記事に追加、あるいは新規の記事にする形で一部または全文をそのまま、あるいは加工させていただいた上で、ご紹介させていただく場合があります。
当サイトでは掲載内容による不具合等に関する責任を持ちません。また、内容の正確性についての保証もありませんので、情報をご利用の際は、利用者の自己責任で確認をお願いします。本ページは公開から1年半後の任意のタイミングで削除される予定です。


- 最近の更新 -



2853891 (+0563)[+0544]

Copyright© 2010-2022 INASOFT