INASOFT 管理人のひとこと


フリーソフトダウンロードサイト「INASOFT」の管理人 矢吹拓也 が日々の「ひとこと」を語るページです。
2021年1月1日より、旧ブログ(blog.inasoft.org)からお引越ししました。
・INASOFT Webサイト: https://www.inasoft.org/
・管理人のふたこと(長文記事/寄稿文): https://www.inasoft.org/talk/
2022年7月下旬より再び本業多忙化してきているため、更新頻度は落ちます。 [2022/7/24 19:32]

目次 | ←前へ / 2022-08-12 00:00 / 次へ→ / 最新へ⇒

■これをやれば、あとは働かなくても、自分と家族が平和に暮らせる、みたいなものはあるのかな

2022年 8月12日(金) 0:00:00



RSSRSS配信中
https://www.inasoft.org/



最近「FIRE」という言葉を聞いて、ふと思い出したことがありました。

FIREとは、「Financial Independence, Retire Early」の略だそうで、早期にお金を貯めて本業を辞め、以降は本業を持たずに残金で余生を過ごす、あるいは運用益で余生を過ごす、みたいな生き方だそうです。まぁ、そんな人いるんでしょうかね?と思ったわけなのですが、そこで思い出したことがありました。

20年くらい前ですが、「すっきり!! デフラグを作ったなら、あとはもう一生安泰だね」と言われたことがありまして。

このソフトウェアの寿命がどれくらいなのか、当時は想像もできませんでしたが(実際には2012年に外部要因で潰れてしまいましたが)、仮に永遠に続いたとして、収益を上げていないフリーソフトでFIREは極めて難しいでしょうね。

考えて見ると、自分の趣味の範疇だと、なかなかそういうものはなさそう。

最近感じたのは、例えば平成になって生まれた有名怪談……「くねくね」にしても、「きさらぎ駅」にしても、いくらバズって2022年現在でも語り継がれる怪談になったとしても、それを生み出した人はそれだけで一生食えるわけでもなく、今でも(その能力を生かすにしても生かさないしても)仕事を頑張って生活をしているんだろうなぁとか、思ったりする。

あるとしたら、徳川埋蔵金やそれに類するお金が自宅敷地内から発見されるとか、宝くじで一等+前後賞を当てるとか、そういうものくらいなんだろうなぁ。



目次 | ←前へ / 2022-08-12 00:00 / 次へ→ / 最新へ⇒


目次の表示:


ブログではないので、コメント機能とトラックバック機能は提供していません。ご質問・ご意見等はメールフィードバックまたはTwitter等からお願いします。いただいたご質問・ご意見などは、この「管理人のひとこと」の記事に追加、あるいは新規の記事にする形で一部または全文をそのまま、あるいは加工させていただいた上で、ご紹介させていただく場合があります。
当サイトでは掲載内容による不具合等に関する責任を持ちません。また、内容の正確性についての保証もありませんので、情報をご利用の際は、利用者の自己責任で確認をお願いします。本ページは公開から1年半後の任意のタイミングで削除される予定です。


- 最近の更新 -



2853936 (+0017)[+0591]

Copyright© 2010-2022 INASOFT