INASOFT 管理人のひとこと


フリーソフトダウンロードサイト「INASOFT」の管理人 矢吹拓也 が日々の「ひとこと」を語るページです。
2021年1月1日より、旧ブログ(blog.inasoft.org)からお引越ししました。
・INASOFT Webサイト: https://www.inasoft.org/
・管理人のふたこと(長文記事/寄稿文): https://www.inasoft.org/talk/
2022年4月1日で本業多忙化は解除されましたが、更新はほどほどになります。 [2022/4/3 10:24]

目次 | ←前へ / 2022-03-09 00:00 / 次へ→ / 最新へ⇒

■自分の手元に確実な一次情報があるけど、世間にテキトーな偽情報が出回っているのを眺めるとき

2022年 3月 9日(水) 0:00:00



RSSRSS配信中
https://www.inasoft.org/



あるYouTuberさんが、「いかがでしたか?」的なサイトで、自身のプロフィールを掘り下げられているのを見て、そのことをネタに動画を作っているのを観たことがありました。

その「いかがでしたか?」的サイトでは、YouTuberとして名乗っている名前が本名と同じである、というようなことが書かれていましたが、実際にはそれは違う、と述べられていました。

こんな感じで、ネット上にはもっともらしく、不正確な情報が堂々と掲載されていることがあったりします。先のYouTuberさんのように、本名非公表で活動されている場合などもあるでしょうから、そういった状況を歯がゆく見ているかもしれませんし、あるいは、ニヤニヤしながら不正確な情報を閲覧しているかもしれません。動画のネタになるなら、それもまた一興ということで。

このような「見知らぬ他者に、自分の情報を不正確にネット上に掲載される」というのは、ある程度有名な人でないと発生しないイベントです。

なので、こういう気分を味わえることは滅多にないことです。僕の場合、幸いにというか、不幸にというか、そういった状況になっていたことが1回だけありました。

2012年の連続誤検知問題の時のことではあるのですが、#16に次のような記載があります。

再発防止策について詳細を聞いたところ、作者側で継続的な出費(トレンドマイクロ社へ支払うものではなく、経費として連続的に必要となる)が発生してしまうものであり、しかも、立て続けに手間が大きくかかってしまうものであった。作者としてこのような対策は受け入れは困難である。トレンドマイクロ社へ別の再発防止策の再考をお願いした。

ただ、この直後の補足で『再発防止策の詳細を知りたいとの声を多数頂戴しておりますが、具体的な再発防止策についてはトレンドマイクロ社側より、セキュリティ上の理由で「伏せて欲しい」と要請されているものですので、公開は控えます』と書いてある通り、詳細は伏せてあります。

つまり、これに関しては、自分の手元には確実で正しい一次情報があるけれど、事情から伏せてあって、その結果、多くの人は予測することしかできない状態が生じました。

で、この時は、スラドで予想合戦が繰り広げられていました。どうやらその中では「証明書を取得してインストーラに付ける」ことを指しているのではないか?という予測が立てられ、おそらくそれが正しいだろう、という結論になっているようでした。

間違っているんですけどね

ちなみに、この時の連続誤検知の起き方としては、「ダウンロードしたいファイルを1バイトも見ることなく、誤検知側に倒れてしまうバグ」というものであったため、証明書がインストーラに付いていても、それを無視して誤検知してしまうわけですから、予測された対策では意味がないことは明らかだったりします。

この時は、僕の精神状態的にニヤニヤできる状況ではありませんでしたが、かといって正しい情報を公開することもできず、ひたすら歯がゆい状況だったと記憶しています。時がたち、今となっては、そんな本名非公表YouTuberのような精神状態を味わえた貴重な機会だったなと思うようになっています。



目次 | ←前へ / 2022-03-09 00:00 / 次へ→ / 最新へ⇒


目次の表示:


ブログではないので、コメント機能とトラックバック機能は提供していません。ご質問・ご意見等はメールフィードバックまたはTwitter等からお願いします。いただいたご質問・ご意見などは、この「管理人のひとこと」の記事に追加、あるいは新規の記事にする形で一部または全文をそのまま、あるいは加工させていただいた上で、ご紹介させていただく場合があります。
当サイトでは掲載内容による不具合等に関する責任を持ちません。また、内容の正確性についての保証もありませんので、情報をご利用の際は、利用者の自己責任で確認をお願いします。本ページは公開から1年半後の任意のタイミングで削除される予定です。


- 最近の更新 -



2796403 (+0083)[+0461]

Copyright© 2010-2022 INASOFT