INASOFT 管理人のひとこと


フリーソフトダウンロードサイト「INASOFT」の管理人 矢吹拓也 が日々の「ひとこと」を語るページです。
2021年1月1日より、旧ブログ(blog.inasoft.org)からお引越ししました。
・INASOFT Webサイト: https://www.inasoft.org/
・管理人のふたこと(長文記事/寄稿文): https://www.inasoft.org/talk/
2022年4月1日で本業多忙化は解除されましたが、更新はほどほどになります。 [2022/4/3 10:24]

目次 | ←前へ / 2022-01-22 00:00 / 次へ→ / 最新へ⇒

■夢の中で、ふと「これやってない」と気づいて恥ずかしくなる現象の変化

2022年 1月22日(土) 0:00:00



RSSRSS配信中
https://www.inasoft.org/



だいぶ前のことになりますが、社会人になったあとにも関わらず、小学校に1人で歩いて通っている夢を見たことがありました。

懐かしの通学路……とは言っても、今では保護者の立場で度々通っているのですが、その夢を見た当時は、たまに行われる選挙の投票のために向かうことがある程度でした。

で、小学校へ向かう途中で、自分がズボンを履いていなかったことに気づいて、慌てて恥ずかしくなるんだけど、遅刻するのがもっと恥ずかしいから、そのまま小学校に向かう、という夢でした。

で、昨日の事なのですが、満員電車でどこかへ向かうという夢を見ていました。

夢の中では、4人でどこかへ向かっていました。先行する2人が改札を通った後、自分を含む後発2人が改札を通ろうとしたところで、なぜか改札が閉まってしまいました。

どうやら、システム障害?的なことが起きているというアナウンスがあって、その間にもどんどん人が詰めかけて、駅は大混雑してしまいました。

その後、システム障害?的なものは解消され、電車に乗るのですが、大混雑状態の駅から人がどんどん電車に乗ってしまい、今度は電車が大混雑してしまいました。

と、そんな電車の中で、ゴホゴホと咳き込んでしまいました。そのとたん、自分が「マスクを着けていない」ことに気づいて、大変恥ずかしくなる、という感情が湧いてきました。夢の中で。

昔は、ズボンを履いていない夢を見て恥ずかしくなってましたが、今では、「電車に乗るのにマスクを着けていない」ことで恥ずかしくなるんですね。

時代の流れに合わせて、夢の内容も変わるもんですね。



目次 | ←前へ / 2022-01-22 00:00 / 次へ→ / 最新へ⇒


目次の表示:


ブログではないので、コメント機能とトラックバック機能は提供していません。ご質問・ご意見等はメールフィードバックまたはTwitter等からお願いします。いただいたご質問・ご意見などは、この「管理人のひとこと」の記事に追加、あるいは新規の記事にする形で一部または全文をそのまま、あるいは加工させていただいた上で、ご紹介させていただく場合があります。
当サイトでは掲載内容による不具合等に関する責任を持ちません。また、内容の正確性についての保証もありませんので、情報をご利用の際は、利用者の自己責任で確認をお願いします。本ページは公開から1年半後の任意のタイミングで削除される予定です。


- 最近の更新 -



2778812 (+0141)[+0498]

Copyright© 2010-2022 INASOFT