INASOFT 管理人のひとこと


フリーソフトダウンロードサイト「INASOFT」の管理人 矢吹拓也 が日々の「ひとこと」を語るページです。
2021年1月1日より、旧ブログ(blog.inasoft.org)からお引越ししました。
・INASOFT Webサイト: https://www.inasoft.org/
・管理人のふたこと(長文記事/寄稿文): https://www.inasoft.org/talk/

最近、気づくと毎日更新になっていることが多いのですが、2021年9月19日(日)から1~2週間程度更新がお休みになる予定です。また、その間に、旧ミニブログと「管理人のひとこと」の統合処理を行います。旧ミニブログからは、本サイト上の当該ページに転送されるようになります。 [2021/9/18 11:30]

目次 | ←前へ / 2021-09-05 00:00 / 次へ→ / 最新へ⇒

■オリンピア・キュクロス6巻を読みましたが、内容よりも巻末の対談が気になる

2021/ 9/ 5 0:00:00



RSSRSS配信中

https://www.inasoft.org/








オリンピア・キュクロス6巻。コンビニで売っているんを見つけて、買ってきました。

オリンピア・キュクロス6巻

近代日本から歌舞伎を持ち帰り、貧乏でやさぐれた村民たちに演劇を届ける…という内容はさておき、巻末の対談で、恐らく何も本質を知らないままAIについて語り、その恐怖を煽っている部分がありました。

なんというか、その突拍子もない発想力がすごい。なんでそういう方向に議論が進んでいるんかな?と。

しかし、その突拍子もない発想力があるからこそ、我々は作家が紡ぐ物語を楽しめているわけで、そこにはある種の尊敬も感じたりします。

例えば、突拍子もない発想なしに、テルマエ・ロマエは生まれたのか?とか。当時のコンピュータ技術の最先端だけを追ってたら、名作映画ターミネーターは生まれていたのか?とか考えてみたりすると、作家はある種の誤解を抱えたまま、創作を始めた方が良いとも言えるわけで。



ちなみに、手近なところにあるAI(?)が、ディープラーニング(?)的な自動判定で、僕のiPhoneに保存された花火の写真を分析したところ、

花火?暖炉?

暖炉の画像であると認識されてた。まぁ、明るく熱く燃えてますからな。



目次 | ←前へ / 2021-09-05 00:00 / 次へ→ / 最新へ⇒


目次の表示:


ブログではないので、コメント機能とトラックバック機能は提供していません。ご質問・ご意見等はメールフィードバックまたはTwitter等からお願いします。いただいたご質問・ご意見などは、この「管理人のひとこと」の記事に追加、あるいは新規の記事にする形で一部または全文をそのまま、あるいは加工させていただいた上で、ご紹介させていただく場合があります。
当サイトでは掲載内容による不具合等に関する責任を持ちません。また、内容の正確性についての保証もありませんので、情報をご利用の際は、利用者の自己責任で確認をお願いします。本ページは公開から1年半後の任意のタイミングで削除される予定です。




2636880 (+0506)[+1390]

Copyright© 2010-2021 INASOFT