INASOFT 管理人のひとこと


フリーソフトダウンロードサイト「INASOFT」の管理人 矢吹拓也 が日々の「ひとこと」を語るページです。
2021年1月1日より、旧ブログ(blog.inasoft.org)からお引越ししました。
・INASOFT Webサイト: https://www.inasoft.org/
・管理人のふたこと(長文記事/寄稿文): https://www.inasoft.org/talk/
5月16日以降は、更新が断続的になる見込みです。

目次 | ←前へ / 2021-06-15 00:00 / 次へ→ / 最新へ⇒

■25年ぶりくらいにUNOのカードを買うことに。昔はローカルルールが結構あった気がする

2021/ 6/15 0:00:00



RSSRSS配信中

https://www.inasoft.org/








長女の通う小学校で、UNOのルールを知っているか知らないかでいろいろヒエラルキー的なあれこれがありそうだったので、UNOの一式を買ってくることにした。

UNO

そういえば、僕がUNOを知ったのは、小5で林間学校があったときだったか。そのときにUNOを知り、同時に遊び方も学んだ。

そんなこともあって、ローカルルールも通常ルールと同様に学んでしまっている。

どれが通常ルールで、どれがローカルルールなのかを区別しておかないと、後々面倒なことになるので、そこはしっかり分けておかないといけない。

UNO_ルール説明書

ちなみに、自分が教わったルールでは、次のルールは無視されていた。

  • プレイヤーは出せるカードを持っていた場合は、必ず場にカードを出さなければならないが、出さなくても良い。ただし、他のプレイヤーから指摘されたら、山からカードを引く。他のプレイヤーの指摘の結果、出せるカードを本当に持っていなかった場合は、他のプレイヤーが山からカードを引く。
  • ワイルドカード、ワイルドドロー4カードは、他に出せるカードを持っていない場合にしか出せない。しかし、出しても良い。ただし、他のプレイヤーから指摘されたら(以下略)。

小学生に騙し合いルールは複雑すぎるだろう、ってことで、このルールは無視されていたのかもしれない。

また、次のようなルールがローカルルールとして追加されていた。

  • 同じ数字・記号のカードは、複数枚重ね出ししてよい。色が違っても良い。Reverseが重ね出しされた場合は、偶数枚ならそのままの方向でプレイ続行、奇数枚なら逆方向でプレイ続行。Skipが重ね出しされた場合は、枚数分だけスキップ。ドロー2が重ね出しされた場合は、次のプレイヤーは2×枚数のカードを山から引く。ワイルドドロー4を重ね出しされた場合は、次のプレイヤーは4×枚数のカードを山から引く。
  • ドロー2を出したら、次のプレイヤーは山から2枚カードを引く。ただし、次のプレイヤーがドロー2のカードを持っていた場合は、重ねて出すことが可能で、その場合は、さらに次のプレイヤーが、重ね出しされた分も山から引く。
  • ワイルドドロー4を出したら、次のプレイヤーは山から4枚カードを引く。ただし、次のプレイヤーがワイルドドロー4のカードを持っていた場合は、重ねて出すことが可能で、その場合は、さらに次のプレイヤーが、重ね出しされた分も山から引く。
  • 前のプレイヤーが出したドロー2に対し、ドロー4を重ね出しすることも可能。(逆は不可能…のはずなのだが、いつの間にか、ドロー4に対し、ドロー2を2枚重ね出しすることは可になってた)
    UNO_ワイルドカード系

もっとローカルルールがあったかもしれないが、覚えていたのはこれくらい。

長女の通う小学校では、どんなローカルルールが追加されているんだろう。



目次 | ←前へ / 2021-06-15 00:00 / 次へ→ / 最新へ⇒


目次の表示:


ブログではないので、コメント機能とトラックバック機能は提供していません。ご質問・ご意見等はメールフィードバックまたはTwitter等からお願いします。いただいたご質問・ご意見などは、この「管理人のひとこと」の記事に追加、あるいは新規の記事にする形で一部または全文をそのまま、あるいは加工させていただいた上で、ご紹介させていただく場合があります。
当サイトでは掲載内容による不具合等に関する責任を持ちません。また、内容の正確性についての保証もありませんので、情報をご利用の際は、利用者の自己責任で確認をお願いします。本ページは公開から1年半後の任意のタイミングで削除される予定です。




2610249 (+0288)[+0398]

Copyright© 2010-2021 INASOFT